データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:マイナビオールスター2018

NPB球宴、プラスワン選手が決定 ヤクルト・坂口、けがで出場辞退の日本ハム・大田に代わってオリックス・安達が出場

2018/07/10

 日本野球機構は10日、「マイナビオールスターゲーム2018」(13日・京セラドーム大阪、14日・リブワーク藤崎台球場)に出場するプラスワン選手の投票結果を発表した。    セ・リーグは東京ヤクルトスワローズの坂口智隆外野手(2万7354票)、パ・リーグは北海道日本ハムファイターズの大田泰示外野手(2万1292票)が選出された。    しかし、大田は8日の千葉ロッテマリーンズ戦において、左手第5中手骨に死球を受けて骨折。ゲーム復帰には3~4週間を要する見通しのため、出場を辞退。補充選手としてプラスワン投票2位のオリックス・バファローズの安達了一内野手(5288票)が選出され ... 続きを見る


NPB球宴ファン投票、中間発表 セ先発は松坂が独走態勢へ、菅野と約9万票差

2018/06/15

 日本野球機構(NPB)は15日、「マイナビオールスターゲーム2018」ファン投票の中間発表結果を更新した。    セ・リーグ先発部門では、中日ドラゴンズ・松坂大輔投手が27万4036票を獲得し、2位の読売ジャイアンツ・菅野智之投手(18万1334票)に約9万票の差をつけて独走態勢に入っている。    ここまで全部門で最多得票を獲得しているのは、パ・リーグ外野手部門トップの福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐外野手。45万582票で、唯一の40万票超えとなっている。    ファン投票の受付締め切りは6月17日、最終結果は同25に発表される。監督選抜を含むメンバー発表 ... 続きを見る


NPB球宴ファン投票、中間発表 混戦模様のセ外野手部門 先発は松坂・菊池がトップ維持

2018/06/14

 日本野球機構(NPB)は14日、「マイナビオールスターゲーム2018」ファン投票の中間発表結果を更新した。    先発投手部門はセ・リーグが松坂大輔投手(中日ドラゴンズ)、パ・リーグが菊池雄星投手(埼玉西武ライオンズ)の2人がトップをキープ。    混戦を極めているのが、セ・リーグの外野手部門だ。トップの筒香嘉智外野手(横浜DeNAベイスターズ)は変わらず。青木宣親外野手(東京ヤクルトスワローズ)が前日から順位を2つ上げ、2位に入った。続く、3位は前日から順位を1つ落とした鈴木誠也外野手(広島東洋カープ)となっている。およそ8千票差で、4位に糸井嘉男外野手(阪神タイガース ... 続きを見る


NPB球宴ファン投票、中間発表 パ先発投手は西武・菊池がトップに

2018/06/08

 日本野球機構(NPB)は8日、「マイナビオールスターゲーム2018」ファン投票の中間発表を更新した。パ・リーグ先発投手部門で埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手が初のトップに立った。    菊池は8万580票を獲得し、ここまでトップを走っていた福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手を750票上回った。セ・リーグ先発部門トップは中日ドラゴンズの松坂大輔投手(14万4842票)となっている。    ここまでの有効得票数はウェブと投票用紙を合わせて1238万7663票。ソフトバンクの柳田悠岐外野手が全体トップの32万32票を獲得している。    セ・パ両リーグ各部門トップ ... 続きを見る


NPB球宴ファン投票、中間発表 先発投手は巨人・菅野、ソフトバンク・千賀が暫定トップ

2018/05/29

 日本野球機構(NPB)は29日、「マイナビオールスターゲーム2018」ファン投票の中間発表を行った。    先発投手部門のトップは、セ・リーグが読売ジャイアンツ・菅野智之、パ・リーグが福岡ソフトバンクホークス・千賀滉大。12年ぶりのオールスター出場が期待される中日ドラゴンズ・松坂大輔は菅野に次ぐ2位となっている。    セ・リーグでは、中継ぎ投手に上原浩治、捕手に小林誠司、一塁手に岡本和真、遊撃手に坂本勇人と、巨人勢5選手がトップを占めている。    パ・リーグは、埼玉西武ライオンズが最多の4部門でトップに。捕手で森友哉、一塁手で山川穂高、二塁手で浅村栄斗、遊撃 ... 続きを見る





  • 記者募集