データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:パーカー・ブリッドウェル

エンゼルス、速球派リリーフ右腕と契約 一方17年10勝右腕が56日間で3度目の戦力外

2019/01/16

速球の平均球速153キロの25歳    ロサンゼルス・エンゼルスが、リリーフ右腕のジョン・カーティス投手と契約し、同時にパーカー・ブリッドウェル投手をメジャーの40人枠から外す措置(DFA)を取り、いわゆる“戦力外”とした。15日(日本時間16日)、米公式サイト『MLB.com』が伝えている。    エンゼルスは、同球団のマイナーにいたダニエル・オゾリア内野手と引き換えに、ミネソタ・ツインズからDFAを受けていたカーティスと契約した。カーティスは、昨季がメジャー2年目だった25歳の右腕で、MLB公式サイトが運営する若手有望株特集サイト『MLB Pipeline』の有望選手ランキングで ... 続きを見る


エンゼルス、昨季10勝の右腕ブリッドウェルと契約 1カ月前にDFAもヤ軍経て“出戻り”

2018/12/22

 ロサンゼルス・エンゼルスは21日(日本時間22日)、ニューヨーク・ヤンキースのメジャー40人枠から外れ(DFA)、ウェーバーにかけられていた右腕のパーカー・ブリッドウェル投手と契約した。    ブリッドウェルは、11月20日(同21日)にエンゼルスのメジャー40人枠から外れる措置(DFA)を取られていたが、同月26日(同27日)にヤンキースと契約。    しかし、直後にヤンキースが先発左腕のJ.A.ハップ投手と再契約したため、再びDFAとなってウェーバーにかけられていたところをエンゼルスが契約の手を差し伸べ、1カ月ぶりの“古巣復帰”が実現した。    ブリッドウ ... 続きを見る


野手陣とは一転、不安抱える投手陣。二刀流・大谷と共に戦うエンゼルス投手7人を紹介【編集部フォーカス】

2018/01/11

 大谷翔平投手との選手契約が正式に発表されたロサンゼルス・エンゼルス。今季オフは2002年以来2度目となるワールドシリーズ制覇に向けて積極的な補強策を講じている。    野手はイアン・キンズラー、ザック・コザート両内野手を獲得するなど盤石なラインナップを揃えた。一方、2桁勝利が2人に留まるなど不発に終わった投手陣は大谷以外の補強があまり進んでいない。   また、チーム最多の19セーブを記録したバッド・ノリス、通算324セーブのヒューストン・ストリート、チーム最多投球回で唯一規定に達したリッキー・ノラスコといった選手はFAとなっており、エンゼルスは先発・中継ぎを問わず、今季ま ... 続きを見る


【MLB】エンゼルス、ア・リーグ新記録の1試合12投手を起用 延長11回の接戦を制す

2017/09/05

 ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムが、4日(日本時間5日)に敵地で行われたオークランド・アスレチックス戦で、ア・リーグ記録となる12人の投手を起用して、延長11回の試合を制した。    この日のエンゼルスは先発のブリッドウェルが不調。初回に4点を失うと、3回と4回にも失点し、4回途中でノックアウト。チームもアスレチックス投手陣を相手に4回までに8点を獲得したが、役割を果たせずに降板した。    ここからエンゼルスの継投策が始まる。2番手・チャベスが1回を無失点に抑えると、5回には1死も取れずに、パレデスと、グーカが降板。5番手・ラミレスがこの回を抑え、6回にはベド ... 続きを見る




  • 記者募集