データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:ケニス・バルガス

【7日のプロ野球公示】巨人が宮國椋丞を抹消 千葉ロッテは助っ人バルガスを抹消

2019/05/07

 日本野球機構は7日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。   <セ・リーグ> 【登録】 なし   【抹消】 ヤクルト   投手  D.ブキャナン 巨人     投手  宮國 椋丞 DeNA     投手  進藤 拓也 DeNA     捕手  山本 祐大   ※5月17日以後でなければ出場選手の再登録はできない。   <パ・リーグ> 【登録】 なし   【抹消】 ソフトバンク  投手  東浜 巨 日本ハム    捕手  石川 亮 ロッテ     内野手 K.バルガス 楽天      捕手  足立 祐一   ※5月17日以後でなければ ... 続きを見る


巨人・ビヤヌエバ、ロッテ・バルガスはなぜ日本球界に? 新助っ人の来日背景を探る

2019/03/27

 今季も多くの新外国人選手が日本球界に活躍の場を求めやって来た。チームの浮沈のカギを握る存在でもある彼らは様々な思惑を持って来日している。ここでは2回に分けて4人のプレーヤーの日本球界挑戦の背景について考察する。第1回は、巨人・ビヤヌエバと、ロッテ・バルガスだ。... 続きを見る


ロッテ、3月球団ポスターにレアードとバルガスを起用 2人の長距離砲は強力打線の“象徴”

2019/03/04

 千葉ロッテマリーンズは4日、オープン戦の日程を告知する3月の球団ポスターにブランドン・レアード内野手とケニス・バルガス内野手を起用すると発表した。    例年3月のポスターは新人選手を起用。今年は主軸としての活躍が期待される新助っ人2人に白羽の矢が立った。ポスターは球場内外、グッズショップ、県内の商業施設、市内の公共施設などに約4600枚張り出される。    担当者は、「今年は打線が今までとは違うんだということを強調するため、その象徴として助っ人2選手を起用したポスターを製作しました。2人の長距離砲は一見の価値がありますので、ぜひ球場にお越しください」とコメントしている。... 続きを見る


助っ人三人衆は「ゴリラ」「豚骨」「寿司ボーイ」…ロッテがニックネーム表記ユニホーム企画を発表

2019/02/13

 千葉ロッテマリーンズは13日、ホーム6試合で実施される「マリンフェスタ」においてユニホームの背ネームをニックネーム表記で行うと発表した。    いつもとは違う選手の呼び名で声援を送ってもらいたいという想いから実現したこの企画。選手だけではなく監督、コーチ、試合時にユニホームを着用するスタッフも参加する。    助っ人たちも企画に意欲的だ。新外国人のケニス・バルガス内野手が、その大きな体躯を「GORILLA」と言い表すと、昨季最高勝率のマイク・ボルシンガー投手は、好物のラーメンから「TONKOTSU」。北海道日本ハムファイターズから移籍したブランドン・レアード内野手は、お馴 ... 続きを見る


台湾の英雄から規格外のスイッチヒッターまで 2019年の活躍が期待される新助っ人を紹介<パ・リーグ編>【編集部フォーカス】

2019/01/18

 編成上でも非常に重要な存在となっている外国人選手。昨季は千葉ロッテマリーンズのマイク・ボルシンガー投手や、日本シリーズ最終戦で勝ち投手となった福岡ソフトバンクホークスのリック・バンデンハーク投手らが活躍した。    近年は、北海道日本ハムファイターズから千葉ロッテマリーンズへ移籍したブランドン・レアード内野手のように、NPB経験の長い外国人選手も多くなっているが、翌シーズンの飛躍のためにはやはりNPB未経験の外国人選手の存在も重要となってくる。    今オフは、福岡ソフトバンクホークスと横浜DeNAベイスターズを除く10球団が新外国人を獲得し、戦力を整えている。2019年 ... 続きを見る


ロッテ新外国人バルガス、母国プエルトリコの本塁打競争イベントで優勝 WLでの好調維持

2018/12/19

同地WLで打率.403、4本塁打、16打点  来季、千葉ロッテマリーンズでプレーする期待の大砲ケニス・バルガス内野手が、母国プエルトリコでそのパワーを見せつけている。17日(日本時間18日)、プエルトリコ紙『エル・ヌエボ・ディア』は、同地で行われたチャリティーホームラン競争でバルガスが優勝したことを報じている。    このホームラン競争は、プエルトリコ野球連盟と地元チームのクリオージョス・デ・カグアスが小児がん患者支援のために開催したチャリティーイベント。    バルガスはファーストラウンドで15本塁打を放ちファイナルへの進出を決めると、決勝では、現在プエルトリコ・ウインタ ... 続きを見る


ロッテ新外国人バルガス、巨漢の両打ち大砲は救世主になれるか「契約を伸ばせれば」

2018/11/20

母国メディアの取材でオファー時の状況を振り返る  今月6日に千葉ロッテマリーンズとの契約が発表されたケニス・バルガス内野手。現在、母国プエルトリコのウインターリーグでプレーしている彼が、地元紙『エル・ヌエボ・ディア』のインタビューに応じた模様が17日(日本時間18日)に掲載されている。    現在インディオス・デ・マジャゲスでプレー中の28歳は、「最後の最後に思わぬチームからのオファーが来た。それまでは、過去に私に関心を持ってくれていた他のチームからのオファーを待っていたのだけれど、ロッテが突然現れ、チャンスをくれたんだ」とオファー時の状況を振り返る。    今季はミネソタ ... 続きを見る