プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



きょう“メラド”最終日! 辻監督「5年間のサポートに感謝し、明日から新たな気持ちで」

2022/02/28

text By

photo

埼玉西武ライオンズ



 埼玉西武ライオンズは28日、今月いっぱいで名称が変更となるメットライフドームについて、辻発彦監督のコメントを発表した。
 

 
 2017年、ネーミングライツ(命名権)としてメットライフ生命とパートナーシップを結び、5年。すっかりメットライフドームの愛称は定着し、ファンの間では「メラド」という愛称までつくようになった。1979年の球場開場以来、最も長い期間、このスタジアムにネーミングライツが付いたのが“メットライフ”。そんなメットライフドームの名称も今日をもって終了、いよいよ明日3月1日からは「ベルーナドーム」へと生まれ変わる。
 
 メットライフドーム元年が監督元年でもあった辻発彦監督は、きょう“最終日”にメットライフドームに改めて感謝。あわせて5年間の思い出を語った。
 
〇辻監督コメント
「まずは、メットライフ生命の皆さま、5年間にわたるサポート、そして我々ライオンズとともに戦ってくださり、本当にありがとうございました。心より感謝申しあげます。

思えば2017年、メットライフドーム元年から私はチームの指揮をとりましたので、メットライフ生命さんとは、非常に縁が深いと、思っています。近年は新型コロナウイルスの影響でメットライフドームが満員になることは叶わなかったのですが、2017、18、19年とこのメットライフドームが年々、たくさんのライオンズファンで埋まるようになり、私自身大変うれしく思っていました。
 
たくさんのお客さまを受け入れてきたメットライフドームに改めて感謝します。
そして、このかけがえのない5年間を糧に、明日からは、また新たな気持ちで、日本一を目指して頑張ってまいります」

1 2