データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



プロ野球オールスター第2戦はパ・リーグが雪辱! 楽天・島内宏明が決勝打含む3安打3打点と地元開催で躍動

2021/07/17

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<マイナビオールスターゲーム2021・第2戦>
セントラル・リーグ 3-4 パシフィック・リーグ(17日・楽天生命パーク宮城)
 

 
 「マイナビオールスターゲーム2021」の第2戦が17日、楽天生命パーク宮城で開催。試合は前日に続く熱戦となったが、4-3でパ・リーグが雪辱を果たした。

 パ・リーグは宮城大弥投手(オリックス)、セ・リーグは柳裕也投手(中日)の両先発で始まった第2戦。試合が動いたのは2回だった。セ・リーグは、1死から6番・佐藤輝明内野手(阪神)が宮城の速球に快音を残し、逆方向へのソロ本塁打。ドラフト1位ルーキーのオールスター初安打となる一発で先制点を挙げた。しかしパ・リーグもすぐさま反撃。2死から7番・杉本裕太郎外野手(オリックス)が柳の速球を完璧にとらえ、左中間へのソロ本塁打で同点に追いついた。
 
 続く3回、パ・リーグ2番手の松本航投手(西武)が、全球ストレート勝負で三者凡退。その裏、セ・リーグ2番手の森下暢仁投手を攻め、1死二、三塁のチャンスを作ると、3番・島内が一、二塁間を破る2点適時二塁打を放ち、逆転に成功した。
 
 4回は、松本が圧巻の投球を披露。先頭の3番ウィーラーのレフトの頭上を超える二塁打でピンチを背負ったが、4番・村上宗隆内野手(ヤクルト)、5番・岡本和真内野手(巨人)、6番・佐藤輝とセ・リーグが誇るパワーヒッターを相手に3者連続三振を奪った。
 
 6回、パ・リーグは地元開催となった則本昂大投手(楽天)が4番手としてマウンドへ。先頭の1番・山田哲人内野手(ヤクルト)にはライトへ本塁打性の打球を飛ばされたが、右翼手・杉本がフェンス際で連日のファインプレーを見せた。後続の2番・大島洋平外野手(中日)、元チームメイトの3番・ウィーラーからは、気迫のこもった投球で連続三振。7回も続投し、四球で走者を出したが、無失点で抑えた。
 
 パ・リーグはその裏、5番手としてマウンドに上がった山﨑康晃投手(DeNA)から、ホームランダービーを制した代打・吉田正尚外野手(オリックス)が安打で出塁し、続く7番杉本の三塁内野安打に失策が重なり、無死一、三塁。しかし、8番・栗原陵矢捕手(ソフトバンク)の二ゴロで三塁走者が憤死、リクエストの末に一塁走者もアウトとなり、追加点のチャンスを逸した。
 
 劣勢を強いられていたセ・リーグは8回、5番手の宋家豪投手に対して代打攻勢。まずは前日4安打の菊池涼介内野手(広島)が安打を放つと、坂本勇人内野手(巨人)も左翼線への二塁打で続き、守備のもたつきもあって1点差に。1死一、三塁と局面は変わり、ジェフリー・マルテ内野手(阪神)の適時打で同点に追いついた。しかしパ・リーグはその裏、6番手のドラフト1位ルーキー・栗林良吏投手(広島)から先頭の1番・小深田大翔内野手(楽天)が四球で出塁し、1死後に3番・島内が右翼線を破る適時二塁打。地元の楽天勢で勝ち越しに成功した。
 
 迎えた最終回、パ・リーグのマウンドには、6番手として楽天の絶対的守護神・松井裕樹投手が上がった。松井は佐藤輝、近本光司外野手(阪神)、菊池涼を3人で打ち取り、パ・リーグが1点差で勝利を収めた。
 
【スコア速報】プロ野球オールスターゲーム2021(第1戦・第2戦) 両リーグメンバー・先発スタメン・出場成績一覧
【出場選手一覧】プロ野球オールスターゲーム2021セ・パ選出メンバーは?(ファン投票・選手間投票・監督推薦一覧)






  • 記者募集