データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



プロ野球オールスター第2戦、パ・リーグ2点リードで5回終了 杉本裕太郎の同点弾、島内宏明の2点タイムリーで逆転

2021/07/17

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<マイナビオールスターゲーム2021・第2戦>
セントラル・リーグーパシフィック・リーグ(17日・楽天生命パーク宮城)
 

 
 パ・リーグは宮城大弥投手(オリックス)、セ・リーグは柳裕也投手(中日)の両先発で始まった第2戦。初回の宮城は、2死からゼラス・ウィーラー内野手に安打を打たれたが、緩急自在の投球で無失点の立ち上がり。一方の柳も、同じく2死から島内宏明外野手(楽天)に安打を許すも、持ち味の制球力で後続を断った。

 試合が動いたのは2回、セ・リーグは、1死から6番・佐藤輝明内野手(阪神)が宮城の速球に快音を残し、逆方向へのソロ本塁打。ドラフト1位ルーキーのオールスター初安打となる一発で先制点を挙げた。しかしパ・リーグもすぐさま反撃。2死から7番・杉本裕太郎外野手(オリックス)が柳の速球を完璧にとらえ、左中間へのソロ本塁打で同点に追いついた。
 
 続く3回、パ・リーグ2番手の松本航投手(西武)が、全球ストレート勝負で三者凡退。その裏、セ・リーグ2番手の森下暢仁投手を攻め、1死二、三塁のチャンスを作ると、3番・島内が一、二塁間を破る2点適時二塁打を放ち、逆転に成功した。
 
 4回、松本は先頭の3番ウィーラーのレフトの頭上を超える二塁打でピンチを背負ったが、4番・村上宗隆内野手(ヤクルト)、5番・岡本和真内野手(巨人)、6番・佐藤輝とセ・リーグが誇るパワーヒッターを相手に3者連続三振。森下も続投し、3人で抑えた。
 
 折り返しの5回、パ・リーグは3番手の津森宥紀投手(ソフトバンク)も全球速球を投じ、三者凡退。対するセ・リーグも3番手の岩崎優投手(阪神)が3人斬りを見せた。
 
【スコア速報】プロ野球オールスターゲーム2021(第1戦・第2戦) 両リーグメンバー・先発スタメン・出場成績一覧
【出場選手一覧】プロ野球オールスターゲーム2021セ・パ選出メンバーは?(ファン投票・選手間投票・監督推薦一覧)






  • 記者募集