プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



“返す人間”万波中正に寄せる期待。打線構想練り直しの今こそ経験を積むチャンス【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#149】

交流戦のタイミングで昇格した五十幡によって打線の形が出来上がり、チームは上位への巻き返しを図ったが、五十幡は故障で登録抹消。2軍調整から戻ってきた主砲・中田翔も急性腰痛で再度離脱となってしまった。この状況下で栗山監督は若手を積極的に起用しはじめた。

2021/06/13

text By



1番五十幡で「ファイターズ野球」が半分復活

 2年ぶりの交流戦も最終盤である。DeNA3連戦が終わったら雨天中止の広島戦を1つやって、再びリーグ戦に突入する。ファイターズは交流戦でも散々だった。始まる前は「交流戦を浮上のきっかけに」とコメントするOB評論家がいたけれど、すっかりトーンダウンしている。浮上どころか借金が増えてしまった。今、ファイターズにはストロングポイントがない。先発が充実してるわけじゃないし、中継ぎ抑えが安定してるわけでもない。打線に核がなく、ホームラン&タイムリー欠乏症。おまけに守備が雑だ。ちょっとプロでは珍しいくらいのミスを見かける。
 
 本来は投手力を中心にした守りの野球だったと思う。守備で相手にプレッシャーをかけられるチームだった。ホームランも現在よりは多かったけれど、攻撃面の特徴は足をからめた機動力野球。相手投手が走者を警戒して制球を乱したりすると、それをきっかけにビッグイニングをつくる。東京時代の「ビッグバン打線」の豪快さはないかわりに、相手の嫌がる大人の野球をする。それが北海道日本ハムファイターズだった。
 
 その持ち味はすっかり成りをひそめたと言っていいが、実は今年の交流戦で収穫と呼べる出来事があった。五十幡亮汰の出現だ。ドラ2ルーキー、五十幡はファイターズに希望をもたらした。俊足好守の外野手だ。「サニブラウンに勝った男」として知られるスピードスターだ。今シーズンは春先、筋肉系のトラブルに見舞われてから2軍で慎重に調整をすすめてきた。その能力は常に1軍のトップレベルにある。出番はチームののコロナ禍によりもたらされた。1軍でクラスターが発生してしまった。五十幡は特例で1軍昇格を果たす。それが交流戦のタイミングだった。
 
 五十幡は強烈なインパクトをファンにもたらした。僕は負け試合でも五十幡が見られたら(必ず驚くべきことをやる)ちょっと満足していたくらいだ。守備範囲の広さ、特に前への突っ込みはヤクルト戦で度肝を抜かれた。出塁しただけで相手にどんなプレッシャーを与えられるかは巨人戦で見せてもらった。何と五十幡がいるだけで、最初に書いた「ファイターズ野球」が半分復活してしまうのだ。ディフェンスの野球。足でかきまわす野球。(ホントのホントは)個人技で実現する性質のものじゃないのだけど、逆にここまでやれちゃうのかと感心もした。
 
「1番センター五十幡」、僕はこのコールを待った。栗山監督はたぶん慎重になっていたのだろう、休ませながら状態を見て彼を起用した。なぜ毎試合使わないと不満を持たれる向きもあったと思うが、それはのちに手痛い現実となってはね返ってくる。
 
 僕は「1五十幡、2西川、3近藤」の並びがベストだと思った。五十幡の出塁をいちばん生かせる並びだ。というのは西川、近藤は状況判断で「野球がつくれる」。配球の読みで四球を取ってしまう、たぶんファイターズでも稀有な選手だ。打率が低くても「野球がつくれる」から出塁率はリーグのトップ級だ。例えばの話、五十幡が(安打でも四球でも)出塁して足で投手にプレッシャーをかけたら、2番西川は何でもできる。送ってもいい。盗塁させてもいい。エンドランでもいい。その上に四球を取ってもいいのだ。で、無死で俊足コンビが出塁なんてなったらビッグイニングの可能性がある。点が線になる。こういう野球が見たかったのだ。
 
「1五十幡、2西川、3近藤」の3人いれば相手投手のプレッシャーは相当だ。が、そこにもう一枚ほしいのだ。ていうか、1番から9番まで機能する打線がホントはほしいのだけど、今はぜいたくは言わない。ま、簡単に表現しましょう。「1五十幡、2西川、3近藤」で無死満塁だとする。大いにあり得ることだ。五十幡センター前ヒット、で、西川近藤が連続四球を取る。これを返す人間が要る。ファイターズでは長いこと、この役を中田翔が務めてきた。だから打点王タイトルの常連だったのだ。
 
 ところが今季は中田が不振にあえぎ、こないだまで2軍で調整していた。で、五十幡と一緒に1軍に戻ってきた。チーム浮上の目はあったのだ。いや、Aクラス浮上はきびしいかもしれないが、上位を食う可能性は大いにあった。

1 2