データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



中村剛也の激推しは、あの“巧みな一発”と剛腕の“パワフル変化球”。メットライフ生命3-4月月間ベストプレー賞の投票開始

2021/05/20

text By

photo

埼玉西武ライオンズ

タグ: , , , , , , , , , ,



 埼玉西武ライオンズは20日、「メットライフ生命3-4月ベストプレー賞」へのノミネートプレーを発表した。
 

 
 2019、2020年と2年連続で「メットライフ生命presents ライオンズ年間ベストプレー賞」に輝いた中村剛也。同賞をおかわりした“申し子”とも言える背番号60だが、「このプレーは選ばんと」と言わんばかりに投打1人ずつ、「メットライフ生命3-4月ベストプレー賞」へのノミネートプレーを推薦した。ちなみに昨年は投打ひっくるめての投票だったが、今年は野手部門と投手部門にセパレート。選手1人の推薦を含む複数の好プレーをファンの投票で決め、見事ベストプレーに輝けばそれぞれメットライフ生命からの賞金25万円を手にできる。
 
 今回、中村が迷いなき表情で推薦したのが、野手部門では4月28日の千葉ロッテマリーンズ戦で栗山巧が放った勝ち越しの本塁打。同期として共にライオンズを支える中村も「メットライフ生命月間ベストプレー賞の野手部門は、クリ(栗山選手)でしょう」と既に受賞を確信するような一発だった。
 
 その時の状況は2-2の同点で迎えた8回裏。今季は延長戦が無く、引き分けが現実味を帯びてきた中だったが、「あの場面で打ってくれるのは凄い。終盤あの一発で勝負を決めてくれた」と賛辞を惜しまなかった。「まさにメットライフ生命presents 月間ベストプレー賞にふさわしい、一発だったと思いますよ」と“劇推し”する栗山巧のホームランが堂々のノミネートとなった。
 
 一方、投手部門もあの剛速球を彷彿とさせるように一瞬で決まった。

 「サードから見ていましたが、変化球もエグいキレをしていました」と横目に驚いたシーンが4月27日のこちらも千葉ロッテマリーンズ戦、8回に登板した平良海馬の投球だ。
 
 「頼りになるなぁ、と見ていました」と振り返るその投球は自慢の直球だけではなく、スライダー、チェンジアップもキレッキレ。相手打者を完璧に封じた圧巻投球に、「横から見ている直球も凄いですが、変化球も凄い。ここまで素晴らしいピッチングをずっと続けてくれていますし、僕だったら迷いなく平良のこのピッチングをメットライフ生命presents 月間ベストプレー賞に選びますね」と“真横”からの投球を推薦した。
 
 中村が推薦した2つのプレー以外にノミネートされたプレーは以下のとおり。
 
〇投手部門
・高橋光成 粘りのピッチングでエース対決制す!!(3月26日対オリックス戦)
・ライオンズ・今井 6回1失点7奪三振の好投!! (4月14日対日本ハム戦)
 
●野手部門
・5回表、逆シングルで刺した源田の好守(4月13日対日本ハム戦)
・6回表、中堅・若林が見せたスライディングキャッチ(4月29日対ロッテ戦)
 
 本日からメットライフ生命のホームページ(https://www.metlife.co.jp/brand/campaign/)で投票可能だ。

1 2





  • 記者募集