データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



埼玉西武ライオンズ、歴代開幕投手一覧<2005年以降>

2021/03/09

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 オープン戦に突入した2021年のプロ野球。いよいよ26日にはレギュラーシーズンの火蓋が切って落とされる。“特別な試合”と“143分の1“の意味合いで見解の分かれる開幕戦だが、勝敗の鍵を握る開幕投手の役割は、長いシーズンにおいても重要な意味をもつだろう。
 

 
 昨季パシフィック・リーグ3位の埼玉西武ライオンズは、今季の開幕投手に髙橋光成投手を指名。エースとして飛躍が待たれる2014年のドラ1右腕が、自身初の大役を務める。

 西武の2005年シーズン以降の開幕投手は以下の通り。
 
2005年 松坂大輔(6年連続6度目)
8回 1失点(自責点0)
 
2006年 西口文也(7年ぶり4度目)
●5回2/3 4失点
 
2007年 西口文也(2年連続5度目)
○6回 2失点
 
2008年 涌井秀章(初)
●8回 2失点(自責点1)
 
2009年 涌井秀章(2年連続2度目)
○6回 2失点
 
2010年 涌井秀章(3年連続3度目)
○8回 1失点
 
2011年 涌井秀章(4年連続4度目)
○8回 3失点
 
2012年 涌井秀章(5年連続5度目)
●4回0/3 6失点(自責点5)
 
2013年 岸孝之(初)
●6回 4失点(自責点3)
 
2014年 岸孝之(2年連続2度目)
●7回 2失点
 
2015年 牧田和久(初)
○7回 無失点
 
2016年 菊池雄星(初)
6回 2失点(自責点1)
 
2017年 菊池雄星(2年連続2度目)
○7回 1失点
 
2018年 菊池雄星(3年連続3度目)
○7回 2失点
 
2019年 多和田真三郎(初)
5回 4失点
 
2020年 ザック・ニール(初)
○6回 無失点






  • 記者募集