データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



セイバーメトリクスの視点で見るNPB歴代最強打者ランキング ~31位-40位~

2021/03/08

text By

photo

DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 昨年の5月から「セイバーメトリクスの視点から過去の打撃ベスト10を振り返ろう」の企画では、各年度の打撃10傑を取り上げきた。すでに1936年から2020年まで、日本プロ野球の歴史を貫通させている。ただ企画はこれで終わらない。ここではランキングに使用した指標wRAA(※1)を選手ごとに合算し、日本プロ野球オールタイムの最強打者ランキングベスト50をカウントアップ方式で紹介していく。
 

 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。データ算出は筆者。
 

 

わずかキャリア7年のペタジーニが通算ランキングに

 前回までの記事で紹介してきた30位までのメンバーはほとんどと言っていいほどスラッガータイプであった。しかし、31位から40位には俊足のリードオフタイプの選手も混ざってくる。
 
 31位は現役の中村剛也がランクイン。年度別のベスト10記事でも触れてきたところだが、とにかく打撃の特性が長打に偏っている点で、過去最も極端な選手といえる。ただ一方で、試合数の9割以上に出場したのがわずか4シーズン。異能の活躍を見ると、虫食いのようにキャリアを蝕んだ負傷のシーズンが惜しまれてならない。規定打席に達した上で本塁打王を初めて逸したのがプロ入り16年目という奇妙な記録も、この選手の変則的な能力・選手生活をよく表している。

 32位はNPBでのキャリアが10年未満の中での最上位選手ロベルト・ペタジーニである。NPBでのキャリアはわずか7年。それも最後の1年はほぼ数字を上積みできなかったにもかかわらずこの数字である。本ランキングの上位はここまで20年を超えるキャリアを送った選手も珍しくなかった。そんな中、実質6年での32位という結果は、考えられないレベルの傑出度である。
 
 ペタジーニの単年度の傑出はシーズンごとのランキングでも紹介してきたが、通算でも強力な数字が並ぶ。140試合当たりのwRAAは王貞治に続く歴代2位。キャリア5年ベストのwRAAでも287.9で歴代7位となる。コンタクト力、長打力、選球眼のどれをとっても極めて優れた欠点のないスラッガーで、2003年には規定打席に達せずにリーグトップのwRAAをマークするというNPBの歴史上唯一の記録を残している。
 
 33位には阪急で活躍した福本豊が入った。純粋なリードオフタイプの打者としては、歴代最高の得点生産をマークしている。1234個の四球は歴代8位、449本の二塁打は歴代2位、115本の三塁打は歴代最高と、いずれも打撃三冠では評価されない部門で歴史的な成果を上げている。ランニング本塁打を含むフィールド内の長打568は現在でも最多記録として残る。最多四球6回は現在でも残るパ・リーグ記録。長距離打者が警戒された結果ではなく、最も塁に出したくない福本が奪い取った四球なので価値は高い。
 

田淵、掛布――阪神の球団史に残る強打者が登場

 34位は阪神・西武で活躍した田淵幸一。晩年のプレーを見ていた人にとっては意外かもしれないが、若いころは強肩が目立つ好捕手で、脚も速い万能型アスリート選手であった。盗塁阻止率も極めて高く、デビュー後5年のうち捕手として多くプレーした4シーズンすべてで驚異の5割超えを果たしている。

 4000打数をクリアした打者の中で、1本塁打を放つのに必要な打席数は王に次ぐ歴代2位。NPB史上初めて規定打席に達せず30本塁打を放つなど、その長打力が歴史的なレベルにあったことを間接的に感じさせる指標は多い。ちなみに田淵は、現役を通して本塁打の出にくい球場を本拠地としていた。本塁打の出にくい球場でこれだけの数字を残したという意味で、能力の高さを感じさせる。しかしそれによって一般的な指標はそれほど伸びておらず、不運とも言える。
 
 35位は阪急黄金期前半における中心打者・長池徳士である。負傷により活躍時期は短くなってしまったが、全盛期にはパ・リーグを代表する打者として活躍した。年度別wRAAベスト10でも2度トップとなり、高い値を記録した。本塁打、打点、長打率のトップを3度ずつ記録するなどの活躍を見せたが、最後に規定打席に達したのは31歳。若い時期に集中的な活躍を見せた打者であった。基本的に長距離打者であったが、1971年には当時の日本記録である32試合連続安打をマークしている。現役14年のうち9回も優勝に立ち会った。
 
 36位には阪神で活躍した掛布雅之がランクインしている。高卒1年目から起用され、2年目にはレギュラー、3年目には飛びやすいボールを採用していたとはいえ、OPS(出塁率+長打率)が1.000を超える大ブレイク。これ以上ないほどの順調なスタートを切り、長く続く大活躍を予感させた。ただし、その後負傷の影響で30歳のシーズンを最後に目立った活躍がなくなり、33歳で引退。予想外のキャリアを送ってしまった。それでも、本塁打王3回、打点王1回、最高出塁率3回、最高長打率2回、最多四球3回を記録している。また打撃について注目されがちだが、Relative Range Factor(※2)という守備指標で見た場合でも、三塁手としてかなり優秀な値を残している。
 

現役の糸井嘉男がここでランクイン。もし野手としてプロ入りしていれば……

 37位は現役選手の糸井嘉男。2003年に投手としてプロ入りしたが、3年目の2006年に野手に転向。大卒の上に回り道をしているため、レギュラー獲得は2009年(28歳)と芽が出るまでに時間がかかった。そこからこれだけの記録を積み重ねている。四球・二塁打など打撃三冠以外の部分に強みがある打者で、打撃三冠では首位打者1回のみだが、最高出塁率3回、最多塁打1回を記録している。盗塁王も獲得するなど基礎的な運動能力が高いのは明らかで、プロ入り時点から野手だった場合のキャリアをつい夢想してしまう選手である。

 38位の飯田徳治は戦後、南海や国鉄で活躍した選手である。四球や二塁打が多い上、盗塁王を経験している点で37位の糸井と似ている。ただし、1957年の盗塁王はNPB史上唯一の専業一塁手によるもの。1948-1955年の8年間はすべてwRAAランキングが10位以内で、2位を2回、3位を1回記録している。地味な実力者といった様子だが、1947-1956年の最強時代の南海においては最も長打のある打者として走者を還す役割を担い、打点王を2度獲得している。
 
 39位の与那嶺要は主に1950年代に活躍した読売・中日の選手。プレースタイルはイチローの先祖のような選手であったが、肩が弱点という点が異なっていた。26歳でハワイから来日と同時に豪打を見せ、実働わずか12年にもかかわらずランキング入りとなった。特に1954-1957年頃が全盛期で、4年間のうち3回wRAAでリーグ1位となっている。首位打者、最高出塁率ともに3回、最多塁打を2回経験するなど、短い期間ではあったがセ・リーグを代表する打者であった。
 
 40位には1970年代後半からロッテで活躍したレロン・リー。リー兄弟の兄の方である。1977年の来日から2年間、リーグ首位のwRAAをマークした後も良好なスタッツを継続。わずか在籍11年でのランクインとなった。来日時は長打力が目立ったものの、予想外に打率が高く、引退時には.320で4000打数以上の最高通算打率であった。ただし現在ではMLB帰りの青木宣親がトップに立っている。
 
 リーは、1966年のMLBドラフトではカージナルスのドラフト1巡目・全体7番目で指名された。アメリカでも早い段階から高い評価を得ていた選手である。1972年にパドレスで3割、12本塁打を記録した頃までは、日本で活躍する未来は考えてもいなかっただろう。ちなみにドラフト1位の同期には大打者レジー・ジャクソンがいる。またのちに広島などでプレーするジム・ライトルもヤンキースにドラフト1位で指名されていた。
 
(※2)Relative Range Factor: 9イニングあたりの刺殺・補殺の数によって野手の守備力を評価するRange Factorを発展させた指標。一般的な野球の記録から算出することができるため、過去の野手の守備を評価する際に用いられることが多い。
 
DELTA・道作
 
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
歴代通算ランキング/年度別一覧に戻る






  • 記者募集