データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



NPB、各球団のチームリーダーは? プロ野球12球団の選手会長と主将(キャプテン)一覧<2020年→2021年>

球春到来を迎えたプロ野球。2021年シーズンの開幕に向けて日々調整を重ねている。3月2日からはオープン戦が開始される予定で、今年も野球を見られる喜びを感じられそうだ。ここでは、チームの顔とも言える、各球団のリーダーたちを紹介していく。

2021/02/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



読売ジャイアンツ


 
選手会長:菅野智之
キャプテン:坂本勇人
 

 
巨人は、菅野智之が2021年も選手会長続投。今季は巨人に残留することを決めたエースは、プレー以外でもチームを引っ張る。また、主将には、就任7年目となる坂本勇人。昨年末、球団から「来季も主将としてチームをまとめてくれ」と求められ、引き受けたことを明らかにした(球団公式サイトより)。
 

阪神タイガース


 
選手会長:梅野隆太郎→近本光司
チームキャプテン:糸原健斗→大山悠輔
投手キャプテン:なし→岩貞祐太
 
選手会長には、梅野隆太郎から引き継いだ近本光司が就任。外野の要が、広い視野でチームの大役を担う。キャプテンは、球団史上最年少タイで務め上げた糸原健斗から、大山悠輔と岩貞祐太にバトン。今季は投手・野手の2人体制で、全体をまとめ上げる。
 

中日ドラゴンズ


 
選手会長:京田陽太
キャプテン:高橋周平
 
中日は、京田陽太が選手会長就任2年目。木下拓哉、柳裕也らとともに務める。主将には高橋周平が3年目を迎える。昨年は自身初の規定3割をクリアするなど、順調に成績を伸ばした。2021年は、チームを牽引することはもちろん、キャリアハイ更新も狙いたい。
 

横浜DeNAベイスターズ


 
選手会長:石田健大→今永昇太
キャプテン:佐野恵太
 
DeNAは、“投げる哲学者”今永昇太が選手会長に就任。同職を2年務めた石田健大から直接指名を受けた。キャプテンには、佐野恵太が続投。就任1年目は、首脳陣の期待に応えて首位打者を獲得するなど大ブレイク。2年目の今季はさらなる飛躍が期待される。
 

広島東洋カープ


 
選手会長:田中広輔
野手キャプテン:なし→鈴木誠也
投手キャプテン:なし→大瀬良大地
 
広島は2009年の石原慶幸以来12年ぶりのキャプテン制復活。今年は、野手キャプテンの鈴木誠也と投手キャプテンの大瀬良大地が就任し、W主将で順位巻き返しを図る。選手会長は田中広輔が任期2年目を迎える。昨年は、大不振の2019年から数字を大きく回復させた。
 

東京ヤクルトスワローズ


 
選手会長:中村悠平
キャプテン:青木宣親→山田哲人
 
ヤクルトは、今オフ移籍が囁かれながらも残留を決めた山田哲人がキャプテンに。また、主将の座を譲った青木は、高津監督から『終身名誉キャプテン』を任命され、山田のサポート役を務める。選手会長は、中村悠平が任期4年目を迎える。

【次ページ】パ・リーグ
1 2


  • 記者募集