データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



遊撃・坂本勇人が40発。強打の捕手・森友哉がMVPを獲得 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~2019年編~

2021/01/17

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 

2019年のパ・リーグ

チーム    試合 勝率 得点 失点 得失点
西武     143 .563 756 695  61
ソフトバンク 143 .551 582 564  18
楽天     143 .511 614 578  36
ロッテ    143 .496 642 611  31
日本ハム   143 .471 560 586  -26
オリックス  143 .449 544 637  -93
 

 
 2019年のパ・リーグは、オリックスの主砲・吉田正尚がwRAA44.0で首位となった。特に突出した項目はなかったが、出塁率.413、長打率.543が規定打席到達打者の中でともに2番手。フル出場によって610打席と機会が多かったことも、出場機会が多いほど有利になるwRAAが高い要因となっている。
 
 2位には捕手の森友哉(西武)がランクインしている。打率.329、長打率.547が規定打席到達打者の中でリーグトップ。1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)も.412トップであることから、この年打席に迎えたときに最も恐ろしい打者はこの森であったことになる。しかしわずか8試合の欠場が響き、吉田正にwRAAわずか0.002の僅差で2位に終わっている。昨今のNPBでは、捕手に守備時の責任と負担が集まりその代償として強打者が生まれにくくなっている。こういった状況で捕手が攻撃による利得を生み出すことができれば影響力は大きい。森の存在はプロ野球チーム編成の趨勢にアンチテーゼを唱えているように見える。
 
 3位ジャバリ・ブラッシュ(楽天)と4位の山川穂高(西武)は共に長打力と四球獲得が武器で、ともに.250を少し上回る程度の打率のわりに出塁率は高い。山川は43本で本塁打王を獲得。ブラッシュは個性的なフォームが話題を呼んだが、彼のようなヒジを張った打撃の構えは1980年代以前の外国人長距離打者に多かった。
 
 7位中村剛也(西武)は123打点で打点王を獲得。8位の近藤健介(日本ハム)は出塁率.422で最高出塁率となった。過去3年累計の出塁率は.448に達しているが、2019年までのパ・リーグ70年間の最高出塁率でこれを超えたのは13例しかない。出塁のスペシャリストとして歴史に残るスタッツを残している。前年まで4年連続1位の柳田悠岐(ソフトバンク)は負傷により大半を欠場。思わぬかたちで連続記録に終止符を打った。
 
 ベスト10圏外での注目打者はジュリスベル・グラシアル(ソフトバンク)。410打席と規定未到達ながら、長打率は規定打席到達打者トップの森を4分8厘も上回る.595を記録した。なおグラシアルは規定不足分の33打席をすべて凡退しても森の長打率を上回るため、規定により最高長打率打者となっている。wOBAも.407と2位に相当する好成績であった。
 
 なお、近年は四球数の上位選手がかなり高い数字を記録しているうえ、その四球数も似通っている。これは特定の条件に当てはまる打者が有利になっていることにより生まれている現象ではないかと推測している。例えば、2018年パ・リーグの四球数ランキングは2位山川を除き、6位まで全員が左打者だった。一般的には右打者の打撃成績のほうが優れているのにである。左打者の四球が多いということは、左打者に対しストライクがとられにくいストライクゾーンの運用が行われていると想像する。筆者としては、近年中にストライクゾーン運用の変更を検討すべき時期が迫っていると考えている。
 

2019年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
読売   143 .546 663 573  90
DeNA   143 .507 596 611  -15
阪神   143 .504 538 566  -28
広島   143 .500 591 601  -10
中日   143 .482 563 544  19
ヤクルト 143 .418 656 739  -83
 

 
 2016年のブレイク以後、毎年リーグトップ級の数字を叩き出していた鈴木誠也(広島)がついに1位の座に就いた。54.9を記録したwRAAのほか、wOBA.434、出塁率.453がリーグトップ。打率.335で首位打者も獲得している。初の3ケタ四球も記録し、2位を離した首位となった。
 
 2位に入ったのが坂本勇人(読売)。40本塁打をクリアするなどして最多塁打(319)、最高長打率(.575)をマーク。このうち最高長打率は遊撃手としてはNPB史上初めてのことであった。坂本はここまで打席、得点、安打、二塁打、塁打、長打数、敬遠、打率、出塁率、長打率でリーグ首位となった経験がある。この10項目ですべてトップ経験のある選手はNPBの歴史上王貞治ただ1人である(※5)。遊撃手の中でという範疇に留まらず、歴史的な強打者として認識される立ち位置にきている。
 
 山田哲人(ヤクルト)は前年に続く3ケタ四球と、最多長打をマークして3位に。以下、丸佳浩(読売)、筒香嘉智(DeNA)ら常連がランクインしている。6位のネフタリ・ソトは43本塁打、108打点でそれぞれの部門においてリーグをリードした。
 
 ベスト10圏外選手では會澤翼(広島)がまたしても捕手としては意外な好成績を挙げた。ほかには今後のレジェンド候補として、村上宗隆(ヤクルト)を取り上げておきたい。記憶に新しい高卒2年目での36本塁打は鮮烈であった。
 
 最後になるが、この年に引退した岩本貴裕(広島)に触れておきたい。岩本は知る人ぞ知る、四球を獲得しない打者であった。四球の頻度が史上最も少なかったと思われる鎌田実(阪神など)よりも、岩本のほうが打席あたり四球数は少ない。デビュー当時どのような打者になるか楽しみだったが大成することなく引退することとなった。昔は極端なスタッツに驚かされる選手が多かったが、昨今でここまで特徴的なものは珍しく、興味をひかれていた。
 
 かつて、自転車競技スプリントの中野浩一は世界王者でありながら基本技術のスタンディングがほぼできなかった。また、アルペンのレジェンドであるインゲマル・ステンマルクは可倒式ポール導入の際、利き腕の側でしか新型ターンに対応できなかった。自身の技術体系が完成した後に新たな外部条件が加えられた時によくある例だ。野球において近年極端な、欠損ともいっていいスタッツの選手が減少してきたことは、育成の段階で必要とする情報に抜けがなくなってきたことの証左と考える。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
(※5)正確には1954年以前に敬遠の記録はないため、ほかに藤村富美男だけが可能性を残している。
 
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集