データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



柳田悠岐、山田哲人がトリプルスリーを達成 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~2015年編~

2020/12/25

text By

photo

DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 

2015年のパ・リーグ

チーム    試合 勝率 得点 失点 得失点
ソフトバンク 143 .647 651 491  160
日本ハム   143 .560 615 581  34
ロッテ    143 .514 561 563  -2
西武     143 .500 631 573  58
オリックス  143 .433 519 548  -29
楽天     143 .407 463 612  -149
 

 
 トリプルスリーを達成した柳田悠岐(ソフトバンク)がwRAA76.7を記録。ランキングで初の1位となっている。普通打席数が伸びるほど極端に高い数字がなくなり落ち着いてくるものである。そんな中、柳田は600を超える打席をこなしながら.363の高打率をマーク。100を超える四死球を選ぶなど、出色の数字を多く並べた。出塁率.469、長打率.631は大差でのトップ。トリプルスリー達成者の首位打者は史上初の快挙であった。wRAAのほか1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)でも.469で文句なしのリーグ最高を記録した。
 
 wRAAはリーグの平均的な打者に比べ、打撃でどれだけ多くの得点を生み出したかを表す数字だ。この得点はセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算することができる(※2)。この年柳田が残したwRAAを勝利に換算すると8.1。リーグ平均レベルの打者が柳田の605打席をこなしていた場合に比べ、柳田はチームの勝利を打撃だけで約8勝増やしたと推定できる。この数字は歴史的なもので、王貞治(読売)を除けば長嶋茂雄(読売)、ランディ・バース(阪神)、アレックス・カブレラ(当時西武)、松井秀喜(当時読売)、ウラディミール・バレンティン(当時ヤクルト)の5人がそれぞれ1回ずつしかマークできなかったレベルの記録である。
 
 柳田はこの年以後も極めて高い得点生産能力を発揮している。これまで自身のキャリアにおけるwRAAベスト5年のトータルが300点を超えた打者は王貞治、長嶋茂雄、落合博満の3人だけ。柳田は来季以降、これまでのキャリアで2番目に高いwRAAを残した2018年に近い成績をあと1度でも挙げることができれば、300点を超えることになる。
 
 2位は秋山翔吾(西武)。この年はシーズン最後まで柳田と熾烈な首位打者争いを展開し、プロ野球史上最多の216安打を記録した。この年はwRAA52.7と通常の年ならトップになりうる数字を記録。二塁打36、三塁打10など、この時点で高い長打力をもっていたようだ。3位の中村剛也(西武)は37本、124打点で本塁打、打点の二冠を獲得。長打のスペシャリストとしての面目を保ったが、以前に比べると傑出の度合いは少しずつ控えめなものになってきている。
 
 ベスト10圏外での注目選手は12位のブランドン・レアード(日本ハム)。初年度から持ち前の長打力で34本塁打を放つなど、自らの特徴をいかんなく発揮した。しかしシーズン前半は慣れるまでの苦労が続いた。特に4月は打率.173で2本塁打とまったく振るわず、筆者が札幌ドームで拝見した5月頃には翌年は居ないものと覚悟したほどである。使い続けて結局結果を出した球団側の忍耐力も特筆すべきだろう。
 
 この年はソフトバンクがリーグ最多の651得点、最少の491失点を記録。圧倒的な戦力で2002年西武以来の90勝を挙げた。
 

2015年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
ヤクルト 143 .539 574 518  56
読売   143 .528 489 443  46
阪神   143 .496 465 550  -85
広島   143 .493 506 474  32
中日   143 .446 473 504  -31
DeNA   143 .437 508 598  -90
 

 
 セ・リーグ側にもトリプルスリーが誕生。二塁手としては史上初となる山田哲人(ヤクルト)が偉業を達成した。この年は38本塁打34盗塁でタイトルを獲得したが、この同時受賞はトリプルスリー達成者としては史上初である。二塁打も39本でリーグ最多だったこともあり、79本の長打は2番手に24本の大差をつけての最多であった。結果、wOBA.439とwRAA67.7は大差をつけてのリーグトップ。出塁率.416、長打率.610でもリーグをリードした。こちらも勝利換算の7.6は極めて高い数値で、二塁手としては史上最高のものである。
 
 2位には本格化した筒香嘉智(DeNA)がwRAA41.8でランクイン。後年、長打力が最大の武器となるが、このシーズンはむしろ出塁能力の方が山田に迫っている。出塁率・長打率ともに山田が1位、筒香が2位となったため、総合指標のwRAAでは1位と2位だけでなく、2位と3位以下も大きく離れるかたちになっている。
 
 3位の川端慎吾(ヤクルト)は打率.336で初の首位打者を獲得してのランクイン。また、6位の畠山和洋(ヤクルト)は105打点で打点王を獲得と、全打撃タイトル及び盗塁王はすべてヤクルト勢の手に渡った。また2013年にMLBから復帰していた福留孝介(阪神)がこの年にようやく復調。MLB移籍をまたいで9年ぶりにベスト10に返り咲いている。
 
 9位10位の丸佳浩(広島)・鳥谷敬(阪神)は、打率や本塁打といった従来の指標では振るわないシーズンであった。しかし四球はそれぞれ1位、2位。一般的な指標がこの程度にとどまりながらランクインするあたりに、両者のしぶとさがよく表れている。特に鳥谷は6年連続でベスト10に入っているが、このうち4年間は1ケタ本塁打。いかに出塁能力に優れているかがわかる。
 
 ベスト10圏外の注目選手では規定打席に届かなかった阿部慎之助(読売)を挙げる。この年は.242の低打率からすると意外に高い.370の出塁率を記録。これにより長打力の衰えをカバーし、.349とまずまずのwOBAを記録している。ここまで捕手として高い打撃成績を収めることによりチームに大きなアドバンテージをもたらしてきた阿部が、捕手としてよりも一塁手としての出場の方が多い、初めてのシーズンとなった。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集