データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



バレンティンが60本塁打の歴代新記録を達成 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~2013年編~

2020/12/19

text By

photo

DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 

2013年のパ・リーグ

チーム    試合 勝率 得点 失点 得失点
楽天     144 .582 628 537  91
西武     144 .529 570 562  8
ロッテ    144 .521 572 584  -12
ソフトバンク 144 .514 660 562  98
オリックス  144 .475 513 529  -16
日本ハム   144 .451 534 604  -70
 

 
 2013年は24勝無敗の田中将大がチームをけん引し、楽天が初優勝を遂げたシーズンだ。リーグ全体の得点環境という面で見ると、低反発球の導入によって続いていた行き過ぎた投手優位にブレーキがかかった年でもある。
 
 この年は各指標に安定して優秀な数値を並べた浅村栄斗(西武)がwRAAリーグ首位となった。浅村は1打席あたりの得点貢献を表すwOBA(※3)、長打率でリーグの首位となった。打撃三冠では110打点で打点王を獲得している。二塁打が38本でリーグトップだったほか、本塁打もトップに4本差の27本。長打の頻度が高かったことが好成績につながった。もし二塁手としてwRAAトップとなれば、ダリル・スペンサー(阪急)、落合博満(ロッテ)以来の快挙だったが、この年の浅村は一塁手メインでの出場だった。ちなみに2リーグ制以降、2020年終了時点で唯一、遊撃手だけは現在まで1位を獲得した選手が存在しない。
 
 2位には長谷川勇也(ソフトバンク)。シュアなバッティングを武器とする打者で、前年までは2011年に8位を記録したのが最高の成績だった。この年は198本で最多安打を記録し打率.341で首位打者となったうえ、本塁打を4本から19本に増やすなど長打も激増。長打力をアップさせての躍進であった。
 
 3位以下のメンバーの顔触れを見ると、2011-12年の極端に投手優位な環境が変わって、パワー系打者が巻き返してきた印象である。ミチェル・アブレイユ(日本ハム)は31本で本塁打王を獲得。ほかの指標は振るわなかったが10位にランクインした。8位アンドリュー・ジョーンズ(楽天)は105四球での最多四球をマーク。打率は.243と低かったものの、出塁率は.391でトップ5に入った。ちなみにベスト10の打者で長打率が最も低かったのがジョーンズであった。MLB時代、強打者として名を馳せ、日本でも長打を狙うスタイルをとっていたことから考えると意外なことであった。
 
 ベスト10圏外での注目選手は、11位で惜しくもベスト10から漏れたエステバン・ヘルマン(西武)。長打は期待できない打者であったが.319の高打率に加え、85四球と多くの四球を奪ったことで出塁率は.418に到達。最高出塁率を獲得した。この年のパ・リーグで出塁率が4割に到達した打者は1人だけであるため、かなりの大差をつけたことになる。盗塁も40を数えており、強力なリードオフマンであった。
 

2013年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
読売   144 .613 597 508  89
阪神   144 .521 531 488  43
広島   144 .489 557 554  3
中日   144 .454 526 599  -73
DeNA   144 .448 630 686  -56
ヤクルト 144 .407 577 682  -105
 

 
 ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)がシーズン最多本塁打記録を更新する60本塁打を放ち、初のwRAAリーグ1位となった。それもただの1位ではない。wRAAは82.0。得点のかたちで表現されるwRAAを勝利の単位に換算した値(※2)は8.7を記録した。リーグ平均レベルの打者がバレンティンの547打席を担当していた場合に比べ、チームの勝利を9勝近く増やしていたことになる。こうした数字で歴代ランキングをつくると、上位は王貞治(読売)によって埋め尽くされる。王を除外した場合で考えると、このバレンティンのこの数値は歴代で5指に入る記録であった。
 
 本塁打が史上最高なのはもちろん、長打率は長く残った1986年バース(阪神)の記録を更新する.779をマーク。異様なほどの強打を披露した。ほかに出塁率が.455で1位、打率.330、131打点が2位。欠場が少なければ三冠王の可能性もあった。彼は来日前の2009年にMLBで放った本塁打が、当時の画像解析システムで年間最長飛距離本塁打と認定されたほどのパワーを持った打者だった。2011年はリーグ最低打率で、2012年は規定打席未到達でと、過去2年間少々奇妙なかたちで本塁打王を獲得してきたが、いよいよ本領を発揮したようである。
 
 2位のトニ・ブランコ(DeNA)はこの年に中日から移籍してきて、キャリアハイのシーズンを送った。wRAAは55.8に到達している。バレンティンがいたために割を食ったが、通常のシーズンであれば2位に大差をつけての1位にもなりうる成績であった。ブランコは打率.333、136打点で首位打者と打点王を獲得している。
 
 鳥谷敬(阪神)は上位選手の中で、打撃3部門の数字は見劣りがするものの、バレンティンを1個上回る104四球を獲得。wRAA23.9で5位にランクインした。この年の鳥谷は10本塁打だったが、これはシーズン100四球以上を選んだ打者の中で2番目に少ない本塁打数である(1位は1950年の読売・千葉茂)。一般的に四球は長打力の打者ほど多くなる。ただ鳥谷のような長打力に強みがない打者の場合、奪い取った四球がほとんどであるはずだ。その忍耐力は歴代でも上位に数えられるべきであろう。
 
 この年はバレンティン一色のシーズンとなったが、チーム最多得点はヤクルトではなく630得点をマークしたDeNAであった。ブランコを中心に好調な打者が多かったためである。このうち規定打席未到達の梶谷隆幸(DeNA)をベスト10圏外の注目選手としたい。この年の梶谷はシーズン287打席ながら本塁打は16本、打率も首位打者のブランコを上回る.346を記録している。wOBAは.447は2位ブランコを超える数字である。どのような打者になるか期待されたが、その後はこの年のwRAA29.9を上回るシーズンはなく、2019年終了時点での獲得タイトルは2014年の盗塁王のみとなっている。2020年は復調したものの、wRAAは27.3とこの年にわずかに及ばなかった。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集