データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



消えかかるファイターズ野球。コーチ陣大幅配置転換、育成球団へ原点回帰を【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#136】

来季、ファイターズのコーチ陣は1軍2軍で大幅な配置転換が行われる。長期的な視点でチームが浮上する上で必要な対策として、北広島の新時代を支える戦力の「育成」にある。

2020/12/13

text By

タグ: , , , , ,



北広島の新時代を支える戦力を育てよ

 来季からファイターズのコーチ陣は大幅に配置転換される。まず、荒木大輔、高橋信二、小田智之といったファームの監督・コーチ陣が1軍に上がる。これは清宮幸太郎、野村佑希、万波中正、吉田輝星といった若手を指導してきた継続性じゃないかと思う。かつてひちょり、賢介の時代も白井一幸さんら2軍の監督・コーチがそのまま1軍に上がって、活躍の受け皿になった。
 
 一方、ファームは原田豊さんが監督就任だ。プロ経験のない2軍監督である。指導歴は実業団や高校野球のみ。僕がパッと思い浮かぶのは有本義明(スポーツ記者→福岡ダイエー2軍監督)の例だ。ファイターズは教員資格を持つ指導者を2軍の現場に置こうとするなど、これまでも独自のアイデアを推し進めてきた。原田監督がどういう色を出していくのか楽しみである。
 
 そこに木田優夫、矢野謙次、渡辺浩司といったコーチが加わる。これは僕が「一からやり直し」と表現したニュアンスに近いのだと思う。「ファーム総合兼投手コーチ」と肩書が長くなる木田さんがキーマンだろうか。すごく意欲的な人事だ。次を作ろうという発想だ。
 
 僕は来季のファイターズの順位も気になるし、有原航平の代わりにセの主戦級投手がFAで入って来るのか来ないのかも気になる。だけど、そんな直近のことより、ファイターズの未来がいちばん気がかりだ。象徴的には北広島の新時代を支える戦力。
 
 個人的にはスコアラーから現場復帰する渡辺浩司コーチに注目している。ナベさんは世間的な知名度はそんなにないんだけど、ファイターズ野球の根幹を作ってきた人だ。ひちょり、賢介の代はナベさんの影響が大きい。タイプはひと言でいうと「野球道」。僕は常々、ヘッドコーチに置いたらいいのにと思ってきた。北広島で輝く「新しいひちょり、賢介」を作ってほしい。鎌ケ谷に通うのが今から楽しみだ。

1 2





  • 記者募集