データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



内川聖一が右打者史上最高の打率.378を記録 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~2008年編~

2020/11/29

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 

2008年のパ・リーグ

チーム    試合 勝率 得点 失点 得失点
西武     144 .543 715 626  89
オリックス  144 .524 637 605  32
日本ハム   144 .514 533 541  -8
ロッテ    144 .510 662 648  14
楽天     144 .461 627 607  20
ソフトバンク 144 .454 556 641  -85
 

 
 復活のアレックス・カブレラ(オリックス)が37歳で2度目のランキング1位となった。1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)や長打率で1位を記録。その他のスタッツを見てもかなりバランスの取れた成績だった。同じオリックスのタフィー・ローズも好調で、打点王を獲得。出塁率、長打率でカブレラにわずかに劣るも、打席数はローズが上回った。これにより最終的なカブレラとローズのwRAAはほとんど誤差の範囲となっている。この2人を含んだ中軸は他の追随を許さない強力さで、前年まで低迷していたオリックスは優勝した西武にわずか2.5ゲーム差の2位にまで躍進している。
 
 3位の中島裕之(西武)は.410で最高出塁率を獲得。優勝の原動力ともなり、自己最高のシーズンとなった。6位に入ったG.G.佐藤(西武)は五輪参加選手の特例で規定打席に到達。キャリアで唯一打率3割をクリアしたシーズンとなった。
 
 この年初めて規定打席に達して本塁打王となったのは4位の中村剛也(西武)である。中村はカブレラ、ローズを上回る46本塁打を記録。この年含め2016年までの9年間は規定に達したすべてのシーズンで本塁打王を獲得することになる。またこの年の中村は本塁打に限らず長打の面で特殊な記録をのこしている。一般的に長打の数が単打の数を上回ることは歴史的に見ても非常に珍しい。それがこの年の中村は長打74本に対し単打54本。長打が単打を20本も上回っている。これは長打が単打を超過した数としてこの時点での歴代最多記録である。上回るだけでも珍しいのに、20本も超過しているのは異様で、長打に特化した中村の才能が特徴づけられる一面である。
 
 この年に行われた北京五輪は、打線のパワー不足が要因となりメダルに届かなかったが、中村の参加があれば事情は変わっていたかもしれない。選考の時点では実績を残した選手ではなかったのでさすがに無理だろうが、その後もどこかで一度は国際試合の舞台でその異能が発揮される様子を見たかったものである。
 
 ベスト10圏外の注目選手としては打率.332で首位打者となったリック(楽天)を取り上げる。熾烈な争いの末に打率1厘差で中島を上回った。この年代になってくると、過去の年代には見られなかった首位打者を獲得しながらベスト10を外れるケースが散見される。こうした選手に共通するのは長打と四球が揃って控えめな点である。リックは45本の長打を放っておりこの面で致命的ではなかったが、四球がわずか25個の獲得に留まり、wRAAが伸びなかった。
 

2008年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
読売   144 .596 631 532  99
阪神   144 .582 578 521  57
中日   144 .511 535 556  -21
広島   144 .496 537 594  -57
ヤクルト 144 .471 583 569  14
横浜   144 .338 552 706  -154
 

 
 セ・リーグでは、村田修一(横浜)が2年連続の本塁打王を獲得するなど自己最高のパフォーマンスを発揮した。wRAAは55.6に到達しリーグ首位となっている。wOBAでは2位に3分の大差をつけたほか、長打率も2位に4分8厘の大差をつけての1位であった。
 
 2位アレックス・ラミレス(読売)は打撃3部門で優秀なスタッツを確保。特に打点は125でリーグ最多を記録した。ただ打撃3部門の数字は村田とほぼ同等のものであったが、敬遠以外の四球をとれず、打席当たりの長打数で見ても村田に及ばなかったため、wRAAは10点差と、一般的な成績で見た場合からすると意外な大差となっている。
 
 3位にはこの年右打者としては史上最高の.378の高打率で首位打者を獲得した内川聖一がランクイン。この年の内川は所属チーム横浜の勝率.338よりも高い打率で首位打者となったが、これは史上3人目のことである。ただし前の2人は戦前の話なので、我々が馴染んだリーグ戦の形式の中では1度しか起きていない出来事ということになる。
 
 4位小笠原道大(読売)以下には常連選手が並んでいるが、その中に新顔として森野将彦(中日)が9位にランクイン。森野は前年の2007年には捕手以外の野手全ポジションを守ったユーティリティ選手だ。こういったタイプの選手がこのランキングに入ってくるのは興味深い。この年は五輪特別措置で規定打席到達と見なされ初のベスト10入りと打率3割台を記録。wOBAでは4位相当の.408をマークしている。森野はこの年から2010年までの3年間で、キャリアベストの時期を過ごした。
 
 ベスト10圏外の選手では森野同様五輪特別措置で規定打席に達した新井貴浩(阪神)と、自己最高の出塁率.398を記録した赤星憲広(阪神)を取り上げた。一般的なスタッツでは目立たないながら、阪神の打棒を支えた2人である。
 
 優勝争いでは独走した阪神の急降下が印象に残っている。あまりの勝ちっぷりに7月22日にはマジックが点灯。シーズン途中で優勝前提の雑誌が発行されるほどであった。シーズン途中で51勝23敗1分を記録するなど、2位とは最大13ゲームの差が開いた。ところが、五輪への戦力提供をきっかけにチーム状態は悪化し、残り試合を31勝36敗2分と負け越し。歴史的ともいえる大失速であった。結局これ以降、阪神は優勝に届いていない。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集