データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



いてまえ打線爆発。タフィー・ローズが55本塁打を達成 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~2001年編~

2020/11/08

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

2001年のパ・リーグ

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点
大阪近鉄  140 .565 770 745  25
ダイエー  140 .547 741 684  57
西武    140 .521 620 584  36
オリックス 140 .515 651 634  17
ロッテ   140 .464 593 608  -15
日本ハム  140 .387 593 713  -120
 

 
 近鉄がいてまえ打線を武器にリーグを制覇した年である。得点770及び失点745と、いずれも飛びぬけて多く、非常に得点の出入りが多い、忙しい試合を展開していた。745失点は現代も残る優勝チームの最多失点記録である。この年はほかにダイエーが700得点を超えるなど、かなり打撃上位のシーズンであり、そのことが近鉄にとって多少の追い風になっていたかもしれない。
 
 得点生産のリーグ1位もこの近鉄のタフィー・ローズ。シーズン55本塁打の史上最多タイ記録をマークするなど、いてまえ打線の中核を担い、wRAAは60点台と大きな数字をマークして自身2度目の首位となった。1打席あたりの打撃貢献を示すwOBA(※3)、長打率、本塁打でリーグをリードしている。
 
 2位にも近鉄の中村紀洋がランクイン。中村は出塁率.434と打点132でリーグをリードしており、wRAAでも57.4と、トップのローズに迫る値をマーク。2人合計で120点に迫る得点生産となった。これはパ・リーグでは1970年の張本勲・大杉勝男(東映)以来のスコアになる。
 
 3位・4位には小笠原道大(日本ハム)と松中信彦(ダイエー)が各項目に優秀な数字を並べてランクイン。この2人の数字でも通常のシーズンならばトップがうかがえるレベルとなっている。ほかにもこの年来日したアレックス・カブレラ(西武)が初年度から49本塁打をマークして5位。7位の小久保裕紀(ダイエー)も44本塁打を記録するなど打撃上位のシーズンであることを示す数字は多くみられる。
 
 典型的な例が12位のスコット・マクレーン(西武)。シーズンでの単打数52本に対して長打数67本と15本の長打超過となっている。このように長打が単打の数を上回ること自体が珍しいのだが、15本もの超過は1952年に達成された杉山悟(名古屋)の12本を上回る49年ぶりの記録更新であった。
 
 ほかには福浦和也(ロッテ)が.346で首位打者を獲得して8位にランクイン。9位の谷佳知(オリックス)も52本の二塁打を放ち、これは現在でも残るNPB記録となっている。松井稼頭央(西武)は失敗なしで26盗塁。失敗0での史上最多盗塁(2リーグ制以降)をマークするなど、話題の多いシーズンであった。
 
 ベスト10圏外の打者ではさきほど紹介したマクレーンのほかに川口憲史(近鉄)をピックアップ。際どく規定打席には届かなかったがwOBAでは5位のカブレラと並ぶ.419をマーク。強打・近鉄を象徴する脇役として取り上げた。

2001年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
ヤクルト 140 .567 645 531  114
読売   140 .543 688 659  29
横浜   140 .507 560 565  -5
広島   140 .511 619 596  23
中日   140 .456 483 513  -30
阪神   140 .416 467 598  -131
 

 
 ロベルト・ペタジーニ(ヤクルト)と松井秀喜(読売)が群を抜いた強打でリーグを席巻した。熾烈な競り合いではあったが、僅差でペタジーニがトップとなっている。ペタジーニはwRAAのほかにも、wOBA、出塁率、長打率、本塁打、打点のトップを独占した。スコアの62.5を見れば、55本塁打を放った近鉄ローズの数字をも上回っており、その得点生産能力の凄さがうかがえる。ちなみにペタジーニの攻撃力が圧倒的であることはこの2年後にもまた異様な記録の形となって表れる。
 
 2位松井も数値は相当に優秀で、ペタジーニとの差はwRAAにしてわずかに0.8差。二塁打を1本打てば並ぶ程度の差であった。松井は.333で首位打者を獲得しており、通常のシーズンであれば2位を引き離したトップとなるレベルの攻撃力を示していた。wRAAが60点を超えてトップになれなかった選手は1950年藤村富美男、1955年山内和弘(毎日)、1963年長嶋茂雄(読売)、1965年江藤慎一(中日)、1999年ロバート・ローズ(横浜)に続く6人目となる。
 
 この年は常連選手に故障が少なく、3位以下には順当に実力者が並んでいる。ベスト10はヤクルト・読売・広島に占拠されるなど偏りが大きかった。
 
 3位の金本知憲(広島)はこれで6度目のベスト10入りで自己最高のwRAA47.9をマーク。いよいよ全盛期に入ってきた。この年金本は.463と、1985年のルール改正からこの時点までで第7位に入る高出塁率をマークしたものの、最高出塁率はペタジーニが獲得(6位)。金本は高い出塁能力にも関わらず、結局引退まで最高出塁率を1度も獲得できなかった。この年獲得した128四球は王貞治(読売)を除けばこの時点での史上最多である。
 
 4位清原和博(読売)はこれが最後のベスト10入り。ベスト10圏外の選手で目立ったのは荒木雅博(中日)。レギュラー1年目で規定打席に不足ながら.338の高い打率をマークしてwOBAは.359に到達した。この後荒木はこのレベルの得点生産を記録することはなかったが、新顔の二塁手がこの打率をマークするというのは相当に衝撃的なデビューであった。
 
 なお、この年は特にパ・リーグの打撃優位が激しかったことから、NPBによって翌年是正が図られる。このときはストライクゾーンの変更が行われた。意外かもしれないが歴代の運営は、打者優位や投手優位が行き過ぎたと判断した時には常に中立の方向に戻る方向で手を打ってきているのだ。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集