データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



マシンガン打線炸裂。高橋由伸も登場 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1998年編~

2020/10/21

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1998年のパ・リーグ

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点
西武    135 .534 586 559  27
日本ハム  135 .508 635 571  64
オリックス 135 .500 586 609  -23
ダイエー  135 .500 546 596  -50
近鉄    135 .496 593 629  -36
ロッテ   135 .462 581 563  18
 

 
 この年は近鉄のフィル・クラークがwRAA40.1でトップとなった。出塁率は.378とトップの選手にしてはやや低いが、.593と高い長打率を記録し、出塁能力を補った。48二塁打は1956年山内和弘(当時毎日)の47二塁打を更新するシーズン最多記録。打撃三冠の首位はなかったものの、wRAA、1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)、長打率でリーグをリードした。ほかに近鉄では、中村紀洋が32本塁打を記録してベスト10入りしていただけに、タフィー・ローズ(近鉄)が好調をキープしていれば規格外のクリーンナップになっていたかもしれない。
 
 イチロー(オリックス)はこの年5年連続首位打者の新記録。wRAAランキングでも2位をキープしているが、このシーズンを最後にNPBでのフル出場は途切れる。3位には片岡篤史(日本ハム)がイチローを上回る最高出塁率.435をマークしてランクイン。113四球は1990年清原和博(西武)の105四球を上回る当時パ・リーグ新記録となった。ほかにはトロイ・ニール(オリックス)がwOBAでクラークにわずか2厘差と迫ったものの、欠場の多さが響いてwRAAの順位は5位に留まっている。
 
 ベスト10圏外での注目選手は17位のナイジェル・ウィルソン(日本ハム)。順位こそ低いが33本塁打、124打点で二冠王を獲得。日本ハムのビッグバン打線において中軸を担った。
 
 このシーズンのパ・リーグは勝敗の偏りが顕著なシーズンであった。日本ハムは前半戦で圧倒的に勝ちまくり、前半戦では優勝確実と目されていた。最大ゲーム差をつけた7月27日の時点では53勝30敗1分、勝率.639で2位との差は9.5ゲームであったが、ここから歴史的な失速を見せてしまった。歴史を見れば、確かにこれ以上のゲーム差をまくられた球団はあるが、こうした例は追いかける側のチームが驚異的なペースで勝ってのものである。この年の日本ハムはここから14勝35敗2分。勝率2割台で貯金を21個食いつぶすなど、自分から勝率を低下させて優勝を逃している。後半戦はオリックスが強く、まるで日本ハムとチームが入れ替わったようにも見えた。
 
 ほかには、この年ロッテの18連敗が記録されている。ただこの年のロッテが特別弱かったというわけではない。18連敗前の成績は23勝25敗。連敗後に限っては、38勝28敗2分と大きく勝ち越している。前後のチーム状況から考えると、大型連敗は木に竹を接いだような状態である。チーム力自体は十分にあったようで、結局ロッテは得失点18とプラスのままで最下位になってしまった。ちなみにNPBにおいて得失点プラスでの最下位はあるがマイナスでの優勝はまだない。日本ハムの例といい、ロッテの例といい勝敗の表れ方において奇妙なシーズンであった。

1998年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
横浜   136 .585 642 524  118
中日   136 .556 488 458  30
読売   135 .541 632 551  81
ヤクルト 135 .489 493 548  -55
広島   135 .444 578 613  -35
阪神   135 .385 450 589  -139
 

 
 松井秀喜(読売)が2度目の1位となった。wRAA、wOBA、長打率、出塁率、本塁打、打点のすべてでリーグ1位を獲得。前回トップとなった1996年以上に他選手を圧倒している。ちなみに本人のコメントや世評では、打率が3割を切ったことや本塁打王とはいえ34本と本数が下がってのものだっただけに不満もあったようだが、wRAAの視点で見ると、前回に比べてもより完全なかたちでのリーグ最強打者である。
 
 2位は故障から復活した前田智徳(広島)。ほぼすべての項目で好成績を残しているが、特に長打率.550はトップの松井にわずか.013差と迫った。5位に入った緒方孝市、6位の江藤智らとともに広島の強力打線を維持しつづけている。5位の緒方は前年までの3年連続盗塁王は途切れたが打撃成績を大幅に改善。6位の江藤は.253の打率ながら.379と意外なほどの好出塁率を記録した。
 
 ほかには田淵幸一の東京六大学本塁打記録を破った高橋由伸(読売)が登場。前評判に違わず新人ながらwRAA18.4を記録し、ランキング8位に入っている。
 
 このシーズンの話題を集めたのは大魔神・佐々木主浩を擁する横浜勢であった。この年は3位に首位打者を獲得した鈴木尚典、4位にロバート・ローズ、7位に盗塁王の石井琢朗がベスト10に入っている。ベスト10圏外選手として取り上げた捕手の谷繁元信も好調でwRAA1.0を記録。これにより横浜は、攻撃でマイナスを記録しやすい守備的なポジション3つ(捕手・二塁手・遊撃手)ですべてwRAAプラスを計上することとなった。残るポジションは攻撃型のプレーヤーを調達しやすいことから強力打線形成が容易になる。このシーズン、横浜はリーグ最多の642得点を記録した。
 
 一方で、ヤクルトは黄金時代が終わりに近づき、選手たちの加齢の影響が表面化しつつある。前年比で得点が一気に179点減少。これはたとえ主力選手の故障など、突発的な事情を含んでいたとしても看過できるものではない。当然何かの形で補強が必要となるのだが、翌年ヤクルトは幸運にも史上最高レベルの外国人打者を獲得。成果はいきなり形になって表れることになる。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集