データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



21歳のイチローが210安打を放ちトップに セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1994年編~

2020/10/09

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1994年のパ・リーグ

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点
西武    130 .594 667 535  132
オリックス 130 .535 601 563  38
近鉄    130 .535 701 619  82
ダイエー  130 .535 604 592  12
ロッテ   130 .430 521 633  -112
日本ハム  130 .368 485 637  -152
 

 
 イチロー(オリックス)が鮮烈に登場し、いきなり異次元の210安打を放った。シーズン130試合制の下では信じがたい記録である。イチローが210安打を記録するまでは1950年に藤村富美男(大阪)によって記録された191安打が最高であった。しかもこれはラビットボールと呼ばれた、よく飛ぶボールを使っての記録である。
 
 ブレイク初年度ながらイチローはwRAA、1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)、出塁率、打率でリーグをリード。本塁打13本以下で得点生産1位だった選手は両リーグ通じて1960年の榎本喜八(大毎)まで遡る。またこの年はブレイク直後とあってか7犠打を記録している。このシーズン途中では首脳陣もまだ大打者の確信がなかったのだろう。イチローほどの打者に犠打のサインが出ているところに時代を感じさせる。ちなみに翌年からの日本での6年間は犠打を記録していない。なお、1965年からのパ・リーグ30シーズンで、wRAAトップの選手が記録した犠打はイチローを除き総計6個に過ぎない。
 
 2位の石井浩郎(近鉄)はトップとなった前年からさらに数字を向上させたがイチローには及ばなかった。.591、111打点で最高長打率と打点王を記録している。本塁打王のラルフ・ブライアントと並んだ中軸は強力で、近鉄はリーグ最多の701得点を記録した。3位には1990年以来、100四球をクリアした清原和博(西武)がランクインしている。
 
 この年はダイエー勢が一挙に4人ベストテン入り。だがカズ山本、松永浩美と出塁率の極めて高いチャンスメーカーを有していたにもかかわらず、チームの得点はリーグ3位の604と意外に伸びなかった。セイバーメトリクスの手法でwOBAを得点に換算すると、優勝した西武の667得点をダイエーが上回るほうが自然という計算もできる。打撃成績からすると、ダイエーは得点に結びつける効率がかなり悪かったようだ。
 
 この年、ダイエーは前年の最下位から69勝60敗と大きく巻き返していたが、もし順当な得点が得られていた場合は前年45勝80敗、首位から28ゲーム差のチームが翌年優勝するという劇的な展開もありえた。チームにとっては残念な結果である。
 
 ベスト10圏外では西武の鈴木健を取り上げる。以前から活躍できる能力は十分備わっていたと思われる選手だが、強力西武に所属していることで前年まで出番に恵まれていなかった。1992年オフにオレステス・デストラーデが退団となり、前年からようやく出場機会が増えてきた。1992年までは飼い殺しの感があったが、これ以降活躍の場があったのは何よりである。

1994年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
読売   130 .538 516 483  33
中日   130 .531 535 481  54
広島   130 .508 585 584  1
ヤクルト 130 .477 486 585  -99
阪神   130 .477 503 500  3
横浜   130 .469 543 535  8
 

 
 現在も語り継がれる10.8決戦のあった年だ。多くのメディアで語られているのでここでは詳しく触れないが、リーグ最終戦の中日-読売で勝ったほうが優勝となる異常事態であった。セ・リーグ全体も首位から最下位までわずか9ゲーム差の中に収まっている。
 
 ベスト10は欠場の少なかったグレン・ブラッグス(横浜)が実力をいかんなく発揮して1位となった。セイバーメトリクス系のwRAA、wOBA、そして長打率でリーグトップを記録した。各指標が全般的に優秀なところから基礎能力の高さをうかがわせる。
 
 2位には本塁打王、打点王を獲得した大豊泰昭(中日)。波の大きい打者だったがこの年は長打率.608を記録。ブラッグスに1厘差まで迫るなど、キャリア最高のパフォーマンスを発揮したシーズンである。3位の江藤智(広島)は負傷欠場が響いたが、1打席あたりの得点貢献を示すwOBAはブラッグスに迫る2位。1打席あたりで見れば、本塁打王を獲得した前年よりも危険な打者であった。広島勢ではほかに前田智徳が5位にランクイン。広島のチーム得点は585点でリーグ最多と、打線の高い能力が明らかになってきた時期でもある。
 
 長打率が高い打者が上位に並ぶ中、4位のトーマス・オマリー(阪神)が異彩を放つ。前年に比べて各指標を微妙に悪化させているが、持ち味の出塁率だけは.429でリーグ首位を死守している。
 
 6位のアロンゾ・パウエル(中日)は打率.324で首位打者を獲得。この年からパウエルは3年連続でこのタイトルを守り続ける。外国人選手枠の打者としては唯一の記録である。パウエルはアメリカ時代、20代前半で3Aの壁、26歳でMLBの壁に跳ね返されたキャリアを送っていた。両翼はじめ打撃重視のポジションの選手であったこともあり、「マイナーの大将」に定着しそうなところであったが、中日はよいタイミングで獲得したようだ。
 
 ほかには松井秀喜(読売)がランクインするなど、若い打者の躍進が目立ったシーズンである。ベスト10圏外の注目打者も26歳の金本知憲(広島)。この年は293打席で規定には届いていない。しかし規定到達組5位の前田に次ぐwOBA.377をマークし、能力の片りんを見せている。金本が本領を発揮するのはこの後のシーズンとなる。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集