データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



落合博満が中日移籍。ホーナー来日 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1987年編~

2020/09/13

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1987年のパ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
西武   130 .612 525 434  91
阪急   130 .533 584 542  42
日本ハム 130 .512 561 562  -1
南海   130 .475 502 556  -54
ロッテ  130 .440 518 525  -7
近鉄   130 .430 528 599  -71
 

 
 この前年のオフに、ロッテで2年連続三冠王を獲得していた落合博満が中日にトレード移籍。これによりパ・リーグのランキングには波乱の予感があったが、前年2位のブーマー(阪急)が繰り上がるかたちで順当に1位を獲得した。wRAAは46.7を記録している。ブーマーは四球を取れるタイプではなかったため、歴史に残る大打者に比べると、出塁に難を抱えていた。このシーズンも事情は同じで、リーグ1位の長打率.624に対し、出塁率は.379でリーグ5位と特筆するほど高くなかった。旧来の指標では打点王を獲得している。
 
 2位のトニー・ブリューワ(日本ハム)は出塁率.391、長打率.577がともにリーグ3位。自己最高のシーズンを過ごした。翌年は負傷により全休するも日本ハムは契約を打ち切らず、さらに2年間活躍するという珍しい経歴を残している。3位門田博光(南海)は打席数が上位2人に比べて100ほど少ないことが災いし、打席が多い打者ほど有利なwRAAでは3位の40.0。しかし、1打席当たりの得点貢献を示すwOBA(※3)では.425とリーグ首位の数字を残した。現在では長距離砲のイメージがある門田だが、この年は長打率が.604で2位に終わりながら、出塁率.428でほかの打者を突き放し、上位にランクインした。
 
 このシーズンは打撃タイトルが各選手に散っており、首位打者を打率.366の新井宏昌、本塁打王は43本の秋山幸二(西武)が獲得している。それぞれwRAAでは5位、7位という評価だった。
 
 前年のルーキーイヤーに話題を呼んだ清原和博は6位。2年目にして、やや壁に当たった感があった。この年の西武の打線はいまひとつの状態であったが、投手陣があまりに強力で大差の優勝を遂げている。
 
 8位のベン・オグリビー(近鉄)はMLBの本塁打王経験者である。ちなみにブレーブスで前年に27本塁打を放っていたボブ・ホーナー(ヤクルト)もこの年に来日している。これほどのビッグネームがNPBに参加していることは、時代を表すトピックである。
 
 ベスト10圏外での注目打者はリチャード・デービス(近鉄)である。過去2年はこのランキングでも2位、3位と上位に入ったが、この年は負傷欠場によりベスト10漏れ。球団はオグリビーとのコンビで高い攻撃力を期待していたはずだが、わずか91試合出場にとどまった。また出場した打席でも、長打率.522、wOBAは.397。例年に比べてやや長打の発生が少なく、デービスにしてはやや物足りない成績となっている。

1987年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
読売   130 .639 608 447  161
中日   130 .571 571 492  79
広島   130 .542 549 450  99
ヤクルト 130 .475 553 637  -84
横浜大洋 130 .452 516 601  -85
阪神   130 .331 437 607  -170
 

 
 前述したようにこの年から落合が中日に移籍。これにより落合、ランディ・バース(阪神)と前年度の三冠王が同一リーグに在籍する史上唯一のシーズンになった。結果は落合がリーグをリードすることとなったが、wRAAは46.4。前年は70以上のwRAAを記録していたが、この年は標準的な年のリーグトップが普通にクリアする程度の数字に留まっている。バースも過去2年から比べると期待外れの結果で、この年はむしろベスト10圏外選手のホーナーの方が大きな話題となっていた。
 
 落合は打撃三部門では無冠ながら.435を記録した出塁率のほか、セイバーメトリクス系の総合打撃指標はそろってリーグ首位を記録した。二塁打はバースの15本に比べて33本を放ってリーグ首位となったが、本塁打が前年に比べ22本減。wRAAの低下にはこれが大きく影響している。
 
 バースを抑えて2位に入ったのはカルロス・ポンセ(横浜大洋)。98打点で打点王を獲得したほか、長打率.616がリーグ1位。.387とリーグトップクラスの打者からするとやや低かった出塁率の改善があればトップもあり得る状況であった。バースは4年連続の長打率1位が途切れ、来日以来初の無冠となっている。
 
 10位にランクインしたランス(広島)も特徴的な活躍であった。ランスはこの年打率.218で39本塁打。1974年クラレンス・ジョーンズ(当時近鉄)以来、史上2人目となる打率最下位での本塁打王を獲得している。さらに二塁打はわずか9本。1ケタ二塁打での本塁打王は、2リーグ制以降では1975年土井正博(当時太平洋)、1984年宇野勝(中日)以来3人目の珍しい記録である。
 
 ベスト10圏外での注目の選手には正田耕三(広島)と篠塚利夫(読売)の2名の首位打者を挙げる。2人はともに打率.333を記録した。さきほどランスを本塁打特化の打者として紹介したが、こちらはアベレージを残すスペシャリストだ。この年はこうした特徴のある打者が活躍できる環境だったようだ。特に正田は2リーグ制史上初、現在まで続く唯一の0本塁打での首位打者であった。またスイッチヒッターでの首位打者獲得も史上初であった。
 
 ほかには何といってもホーナーについて取り上げなければならない。MLBの一流スラッガーが30歳の誕生日よりも前にNPB入り。バブル時代ならではの異常事態に当時の話題は沸騰した。その後のことは散々語られているので省略する。初出場後の数試合の時点では「100本打ったらどうなるのだ」という冗談も冗談には聞こえないほどの鮮烈な活躍であった。シーズンが進んでいくとさすがにそのようなことはなく、腰を痛めての長期欠場や不振もあり、結果は過去のシーズンでも散見される程度のレベルに収まった。しかし、打席数不足とはいえwOBAで首位の落合を上回る.439を記録したのはさすがと言うべきだろう。
 
 翌年、史上初のドーム球場が落成となり、この年で後楽園球場は最後となった。この球場での最後の本塁打を放ったのは読売の吉村禎章。だが吉村が本塁打を放ったときのカウントは4ボール2ストライク。球審の勘違いから起きた珍事であった。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集