データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



出塁率5割へ。柳田悠岐と近藤健介、対照的な成績で最高出塁率争いは白熱 四球率にも注目

パ・リーグの出塁率ランキング1位が柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)の.493、2位が近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)の.489と、ともに5割に迫る数字となっている。NPBでは、出塁率が公式記録となって以降、落合博満(当時ロッテ・オリオンズ)の.487が歴代最高記録。順調に数字を伸ばしていければ、記録更新もあり得るのではないだろうか。(成績は8月16日時点)

2020/08/18

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



出塁率上位の典型“スラッガー型”の柳田

 まずは出塁率トップ柳田悠岐の成績から見ていこう。
 

 
〇柳田悠岐
打席数219
打率.377
出塁率.493
四球率.187
長打率.737(本塁打数15)
 
 打率.377のハイアベレージに加え、得点圏打率.405という数字、試合を決定づける活躍が印象的な柳田。現役最強打者としての位置付けは、多くの人の賛同を得るところだろう。長打率.737も両リーグで断トツ。球界で最も相手にしたくないバッターだ。
 
 この柳田の成績は、出塁率歴代ランキングの上位を占める“スラッガー型”の出塁タイプだ。長打が多く、打線の中で最も得点を与える可能性が高いため、勝負を避けられることが多い。歴代1位の落合もこのタイプで、当時はリーグ三冠王に輝く成績だった。
 
〇落合博満(1986年)
打席数522
打率.360
出塁率.487
四球率.193
長打率.746(本塁打数50)

1 2 3


  • 記者募集