データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



王の14年連続1位を田淵が阻止 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1975年編~

2020/08/08

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1975年のパ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点 前期/後期
阪急   130 .520 541 506  35   1/6
近鉄   130 .587 498 448  50   3/1
太平洋  130 .483 530 563  -33   2/4
ロッテ  130 .476 514 494  20   6/2
南海   130 .467 524 478  46   5/3
日本ハム 130 .466 458 576  -118  4/4
 

 
 この年からパ・リーグでは指名打者制度が導入された。これにより全体の打撃成績が上がるかと思われたが、結果は野手全体の打率は変わらず、出塁率と長打率は低下。投手優位の結果がもたらされた。これは歴年の強打者の多くに衰えの傾向が出始めていたことも関係していたと思われる。失点がよく抑えられたシーズンであり、ベスト10入りした打者でも例年に比べ成績はかなり低くなっている。
 
 その中で加藤秀司(阪急)はwRAA43.1を記録。出塁も長打も良好な数値を残し、2位以下を離しての1位となった。ただし所属の阪急はプレーオフに勝利し優勝こそしたものの、不調の年であったようで、シーズン64勝59敗とここ数年来で最悪の結果になっている。代わって近鉄が躍進。阪急を上回る年間71勝は当時としては予想外のものであった。
 
 またついにベスト10から張本勲(日本ハム)の名が消えた。これは1959年以来のことになる。ほかに大杉勝男はすでにセ・リーグ(ヤクルト)へ移籍、野村克也(南海)、長池徳二(阪急)もこの年が最後のベスト10入りと、着々と世代交代、勢力図の変化が進んでいる。
 
 2位土井正博(太平洋)は34本で初の本塁打王、5位白仁天(太平洋)は.319で初の首位打者。wRAA1位の加藤は打点と長打率でリーグトップを記録した。いずれも自身初のことであった。
 
 4位ボビー・マルカーノ(阪急)は.324と、1968年大杉以来の低出塁率でベスト10入り。14個という少ない四球獲得の結果、この出塁率となった。ちなみに5位の白も四球は17個にとどまっている。20個を下回る四球でのベスト10入りは珍しい記録で、2人同時のベスト10入りは史上初の出来事である。このことはこの年が投手優位の環境であったことも物語っている。
 
 ベスト10圏外選手のトピックは小川亨(近鉄)。この年、.394で最高出塁率を獲得したにもかかわらずベスト10入りを逃した。これは史上初の出来事である。出塁能力に特化した打者で1971年には出塁率4割超えを達成している。出塁に特化した打者だけに、長打の多い選手が成績を伸ばしにくい投手優位時代でこそ真価を発揮しそうなタイプだが、高反発球が使用された1979-80年にも中心選手として活躍し、近鉄の連覇に貢献した。

1975年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
広島   130 .605 510 421  89
中日   130 .566 521 466  55
阪神   130 .553 477 487  -10
ヤクルト 130 .471 437 470  -33
大洋   130 .425 484 548  -64
読売   130 .382 473 510  -37
 

 
 山陽新幹線がこの年に全面開通。その効果が表れ日程が組みやすくなり体調管理が少し楽になったか、ベスト10のうち7人が全試合出場であった。残り3人の欠場試合を合計しても10試合。過去には考えられなかったことである。そのせいでもあるまいが、広島が初優勝。このあと長期にわたって上位を争う存在に変わる節目の年である。
 
 この年、13年連続でリーグトップのwRAAをマークしていた王貞治(読売)から1位の座を奪ったのが田淵幸一(阪神)である。広島の優勝、パの指名打者制導入とも相まって転換期の印象が濃い年だ。田淵は43本で初の本塁打王を獲得するなど、打撃成績としてはキャリアハイを記録。長打率.657でもリーグをリードした。3位の山本浩二(広島)は、打率.319で初の首位打者とMVPを獲得している。
 
 王が1位から陥落したほかにも、この年は同時代のほかの年と比べ、ベスト10メンバーの毛色が異なっている。この時期に上位常連となっていた衣笠祥雄(広島)、松原誠(大洋)、木俣達彦(中日)らがこの年はベスト10から外れた。代わりに6位に入ったのが中村勝広(阪神)。この年は驚異の91四球をマークしたが、これは王の123四球に次ぐ数字だった。中村は特別長打力に秀でているわけではない中軸前のチャンスメーカーであるため、バッテリーからすると最も歩かせたくない対象である。その中での91四球はこの手の打者としては限界に近い数字ではないだろうか。
 
 また地味ながら島谷金二(中日)も3度目のベスト10入り。それも年を経るごとに数字を改善させている。島谷はこの後、阪急にトレードされ大活躍を見せることになるが、実はこの時点でそれを予見させる成績を残している。また山本と首位打者争いを繰り広げた井上弘昭(中日)が、NPB史上初めての、満塁からの敬遠四球を記録した。
 
 ベスト10圏外での注目選手は淡口憲治(読売)。読売はチーム史上初の最下位で、王以外の打者はベスト10にまったく届かなかった。そんな打線にあって規定打数に届かないながら気を吐いたのが淡口である。この後大成してもよさそうであったが、同時期に外野に有力選手が次々と加わったせいもあり、出場機会に恵まれないキャリアとなってしまった。若いうちに他球団に移籍していたらどうなっていただろうと、想像したくなる選手である。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集