データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



国民的スター長嶋が引退 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1974年編~

2020/08/05

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1974年のパ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点 前期/後期
ロッテ  130 .580 539 462  77   2/1
阪急   130 .575 577 524  53   1/3
南海   130 .518 504 460  44   4/2
太平洋  130 .480 436 482  -46   3/4
近鉄   130 .459 472 503  -31   5/4
日本ハム 130 .395 472 569  -97   6/6
 

 
 前年参入の日拓ホームが1年で日本ハムに身売り。この後、日本ハムは本拠地の変更こそあったものの、現在まで無事に存続している。
 
 このシーズンもwRAA1位は39.0を記録した張本勲(日本ハム)。ただし、これがキャリア最後の1位となる。この年は打率.340で7回目の首位打者を獲得したほか、出塁率.452で9回目の最高出塁率を獲得している。
 
 この年は以前より飛びにくいボールが使用されたようで、ベスト10の様相は一気に様変わりしている。張本も前年の33本から14本に大きく本塁打を減らしたほか、張本と同じ出塁を得意とする打者であるドン・ビュフォード(太平洋)がwRAA31.7で2位。ビュフォードは1位の可能性もあったが欠場がかさんだのが痛かった。ボールの影響を受け、長打系の打者は下位・圏外へと押しやられ、ベスト10選手の総本塁打数も前年の279本から217本へと60本以上も減少。明らかに異なるトレンドの1年であった。
 
 そんな中、異彩を放ったのがクラレンス・ジョーンズ(近鉄)である。まず外国人枠選手として史上初の本塁打王。しかもレア度の高い、規定打席到達者中最低打率での本塁打王である。打率は.226であった。この記録はのちに1987年のランス(広島)、2011年のウラディミール・バレンティン(ヤクルト)が再現する。
 
 また、各年度のwRAAベスト3を過去から現在まで見ても、打率.226はベスト3に入った打者の中で最も低い。安打数は93。シーズン2ケタ安打でのベスト3入りは試合数が少なかった1951年にまでさかのぼる。さらに長打が単打を9本上回っており、これもパ・リーグ初。そして四球は96を数え安打数より多くなっている。2リーグ時代にこれを達成したのはほかに王貞治(読売)が4回と、2014年のアンドリュー・ジョーンズ(楽天)の1回だけである。四球を出塁の重要な武器とし、スイングする場合には常に長打を狙う、日本球界にはなかった現代風のスタイルが奇妙なスタッツにつながったようだ。
 
 ベスト10圏外で取り上げたのはジョージ・アルトマン(ロッテ)である。打席は327と少なかったものの、このときすでに41歳であったことに違和感を覚えるほどの素晴らしい打撃成績を収めた。出塁率.450で、.452を記録した張本にわずかに及ばなかったものの、wOBA(※3)含む率系の指標はほとんど他選手をちぎった好成績を記録。シーズン途中でがんに倒れたが、打席が少ない打者が不利になるwRAAで首位張本にわずか1.4点差にまで迫っている。もう少しで規定打席未満のナンバー1打者が誕生するところであった。
 
 南海ではウェス・パーカーがこの1年間だけではあるがプレーした。パーカーは引退後の2007年に行われた投票によって、MLBのオールタイムゴールドグラブ、すなわち史上最も守備のうまい一塁手に選ばれた選手である。あとでわかったことではあるが意外なビッグネームが在籍していたようだ。
 
 さらにこの年は派手なパフォーマンスで人気を呼んだ金田正一監督のロッテが優勝し、日本シリーズも制覇。この項の記述が長くなっていることからも明らかなように、この年のパ・リーグは非常に話題が多かった。しかし、世間の注目はパ・リーグではなくほかの話題に釘付けになってしまう。同じ10月に長嶋茂雄(読売)の引退、そしてモハメド・アリの「キンシャサの奇跡」という2つの歴史的なイベントが起こってしまったせいであった。

1974年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
中日   130 .588 561 537  24
読売   130 .587 589 460  129
ヤクルト 130 .488 453 458  -5
阪神   130 .471 457 498  -41
大洋   130 .444 528 596  -68
広島   130 .429 448 487  -39
 

 
 読売の連続優勝が9でストップしたこと、長嶋の引退で歴史の変わり目を強く意識したシーズンだ。ただ王は前年に続き三冠王を獲得。全項目で優秀な成績を残したが特に158の四球は現代でも残る最多記録となっている。その結果、王の出塁率は1937年秋にタイガースの景浦将が38試合で残した.515を破る.534に達した。
 
 2位の田淵幸一(阪神)はいよいよ全盛期を迎え、この年はwRAA52.3を記録。王がいない通常のリーグであれば1位で不思議はないレベルに達している。3位以下はこの2選手に大きく離されてしまった。
 
 チーム別に見ると、中日がベスト10に4選手をランクインさせている。この年の中日は読売のV10は止めたものの、得失点差では、読売の129に対し、24とかなり劣っていた。ただ少なくとも攻撃面では優勝にふさわしい陣容になっていたと言える。
 
 4位~6位は似たような打撃結果が並んでいる。このうち5位木俣達彦(中日)と6位松原誠(大洋)は王に次ぐ打率の2位3位でもある。この2人はこの年の4年前にも、2人並んで30本塁打を放ち、王に次ぐ2番手であった。この件に限らず、もし王がいなければ、毎年王が独占していたリーグ表彰タイトル獲得者に、彼らのようなバラエティに富んだ顔ぶれが並んでいたことになる。想像すると面白い。
 
 ベスト10圏外での注目打者は2人。1人は規定打席未到達ながら打率.356とwOBA(※3).459で極めて高い数値を出した長崎慶一(大洋)。もう1人は長打の面で高いパフォーマンスを見せた衣笠祥雄(広島)だ。
 
 このシーズンの本塁打王争いは王と田淵による熾烈なものであったが、夏場までは衣笠を交えた三つ巴で、衣笠の初の本塁打王すら考えられるような状況であった。折り返し点までは衣笠がリードしている場面も多く、24号までに要した試合数は、衣笠の59に対し王は69。しかしその後に重圧で打撃を崩したのか、残り71試合で8本塁打に留まった。前半のハイペースの記憶があったためか、この年の衣笠の本塁打数が最終的に32であったことは当時のシーズン終了後も非常に意外であった。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集