データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



王貞治の全盛期が到来 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1973年編~

2020/08/02

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1973年のパ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点 前期/後期
南海   130 .540 508 493  15   1/3
阪急   130 .616 645 499  146   3/1
ロッテ  130 .588 548 491  57   2/2
太平洋  130 .480 499 509  -10   4/5
日拓   130 .444 511 563  -52   5/3
近鉄   130 .336 424 580  -156  6/6
 

 
 wRAAによる評価では、1972年に続き、この年も張本勲(日拓)と長池徳二(阪急)が1位2位を占めた。打撃3部門では無冠の張本がwRAA49.7で1位、本塁打・打点の二冠となった長池がwRAA48.8で2位となっている。出塁率で張本が、長打率で長池がリーグをリードする構図は前年から変わっていない。ただしこの年に長池が残した出塁率.406は、彼のキャリアの中でも相当に良好なものであったため、張本との差は誤差レベルとなった。4位の加藤秀司(阪急)は打率.337で首位打者を獲得している。
 
 ベスト10入りメンバーも福本豊(阪急)が初のランクインとなったほかはあまり変わらず、前年の繰り返しにも見えるほどである。打率や打点など旧来式のスタッツを見ても、福本とクラレンス・ジョーンズ(南海)以外は、打率が3割前後、本塁打は25本前後、打点も90前後とみな似通ったものになっている。
 
 波乱があったのは選手個人よりもチームの方である。球団買収のため東映フライヤーズが日拓ホーム・フライヤーズへ、西鉄ライオンズが太平洋クラブ・ライオンズへと名称変更された。球団消滅もなく引き継がれたのは何よりだが、強豪としてなじみのある西鉄や、親会社からして慣れ親しんでいた東映が、初めて聞く企業の名前に変わることに筆者はどうしても慣れなかった。
 
 そしてこの年から10年間、パ・リーグは前後期制度を導入。初年度から年間勝率.616でトップの阪急が日本シリーズに出場できないという波乱が起きる。プレーオフで南海が阪急を3勝2敗で下したために起こったのだが、レギュラーシーズン後期における直接対決では、南海の12敗1分けであった。短期間における試合ではこういう偏った結果が普通に起きるということの見本でもある。シーズン後期の結果だけを見ると、圧倒的に不利に思えた南海がプレーオフでは阪急を下したため、この南海の優勝は「死んだふり」とも形容された。

1973年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
読売   130 .524 565 470  95
阪神   130 .520 433 404  29
中日   130 .512 441 433  8
ヤクルト 130 .488 377 406  -29
大洋   130 .484 423 480  -57
広島   130 .472 390 436  -46
 

 
 王貞治(読売)の独壇場の年である。一般的には55本塁打のシーズンに注目されがちだが、セイバーメトリクスの視点で見た場合の傑出度はこの年度が最も優れている。およそポジティブな意味を持つ打撃スタッツは盗塁を除いてすべて1位を独占した状態であった。初の三冠王で1打席あたりの打撃貢献を表すwOBA(※3)は史上初の5割超え。出塁率5割超えも年間通したリーグ戦が行われるようになってからは初の出来事である。出塁よりもアウトになることの方が少ないというのは文字通り異常事態といえる。長打率に至っては.755を記録し、2位に2割を超えるありえないほどの大差をつけた。
 
 ただその王がいた読売は優勝こそしたものの、圧勝だったわけではなかった。この年のセ・リーグは優勝した読売が66勝60敗、最下位の広島でも60勝67敗と、史上最も勝敗の競ったシーズンとなった。読売は王がこれほど圧倒的であったにもかかわらず貯金6。王の挙げたwRAAの勝利換算(※2)は10.7。王のかわりにリーグ平均レベルの打者が打席に入っていただけで勝利が10.7減る、つまり貯金が約21失われるという計算になる。すると当然読売は最下位だった。
 
 さらにいうと、王の代わりに王以外の打者が打席に立った場合、誰が立っていてもチームは最下位だったという計算が成り立つ。王の打撃がこの年2位の田淵幸一(阪神)の勝利換算 4.1と同じだったとしても、勝利は6.6勝減る。読売が勝利を6.6減らすと、60勝を下回り、最下位となる。個人がリーグ戦に与える影響力としては史上最大のものであったといえるだろう。
 
 2位以下には、田淵、若松勉(ヤクルト)、山本浩司(広島)など、この後のリーグをけん引していく若い選手が定着している。チーム力拮抗のシーズンとあって打撃陣も拮抗しているのか、全6球団からベスト10入りの選手が出た。読売のベスト10入りが王1人だけになっているが、これは2リーグ制になって初のことである。
 
 ベスト10圏外での注目選手は中日の井上弘昭。広島で大成せず、この年から中日へ移籍した。29歳シーズンでの新天地ながら、初年度から好調な打撃を披露。361打席と規定打席には到達できなかったが、wOBA.355は5位の山本に並んでいる。偶然であるが井上は、2年後にこの山本と熾烈な首位打者争いを展開することになる。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作

 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集