データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



王貞治は48本塁打でも不調? セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1972年編~

2020/07/30

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1972年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
阪急  130 .625 594 480  114
近鉄  130 .516 486 453  33
南海  130 .516 512 511  1
東映  130 .508 595 546  49
ロッテ 130 .465 583 621  -38
西鉄  130 .370 439 598  -159
 

 
 張本勲(東映)がwRAA 及び1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)においてリーグ最高の54.6をマークした。前年6位からの復活であり、wRAA は5回目、wOBAは6回目の首位となる。2番手には本塁打王を獲得した長池徳二(阪急)。最高出塁率を張本が、最高長打率を長池が獲得している。
 
 大杉勝男(東映)と野村克也(南海)は101打点で打点王を獲得。wRAAではそれぞれ3位と8位にランクインした。4位土井正博(近鉄)以下にも常連のスラッガーが並ぶが、9位には70四球で最多四球となった基満男(西鉄)がランクインした。ただし、この年も飛ぶボールを採用しているゆえに、本塁打の多寡によってランキング入りできるかどうかが決まる傾向が強く、ベスト10中で長打率5割を切った選手は基ひとりだけである。また30本塁打以上をマークした打者はいずれも打率.290以上を記録している。通常であれば強打と確実性はどちらかが優れていれば、どちらが劣るトレードオフの関係になりがちだが、全員がそうなっていない状況は興味深い。
 
 このシーズンは福本豊(阪急)のシーズン106盗塁に注目が集まった。年間で106盗塁、25盗塁刺は当時のMLB最多記録である104盗塁(1962年モーリー・ウィルス)を超えて話題を呼んだ。
この頃の阪急は非常に強力で、選手全体の能力が年々向上している様子は傍目からも明らかであった。初優勝のシーズンから6年目となったが、その間における本記事のベスト10入り人数(延べ)は、東京(後にロッテ)16人、東映13人、近鉄10人となっているが、阪急は9人。にもかかわらず、平均得点よりも6年間で360点多くの得点をあげている。傑出した打者がいるわけではないが、一定のレベルの打者を数多く生み出す育成力の高さを物語っている。また時代は異なるが、読売、西武、ソフトバンクといったチームとは異なり、黄金時代であっても資金面で有利な点があったわけではない、やや珍しいケースでもある。

1972年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売   130 .587 587 492  95
阪神   130 .559 470 431  39
中日   130 .532 452 491  -39
ヤクルト 130 .472 530 543  -13
大洋   130 .452 481 523  -42
広島   130 .395 482 522  -40
 

 
 飛ばないボールが使用された時代は終了し、リーグ全体の打撃成績はかなり標準的なものになってきている。
 
 この年もwRAA1位は63.3を記録した王貞治(読売)。ほとんどの項目で例年のようにリーグ首位を独占した。しかし前年からの不振が尾を引いたのか、王としてはそれでもかなり控えめの数値となっている。2位には三村敏之(広島)。ほかの年では目立った成績は残していないが、この歳は.409と傑出した出塁率を記録した。当時NPB歴代2位となるシーズン19死球を記録している。
 
 3位の衣笠祥雄(広島)は前年同様に各項目優秀な結果を並べ、リーグを代表しうる打者になりつつある。また、4位には初の首位打者を獲得した若松勉(ヤクルト)、6位に谷沢健一(中日)、7位には34本塁打を記録した田淵幸一(阪神)が新たにランクイン。世代交代の時期がきたことを感じさせる1年となった。代わって、長嶋茂雄(読売)と、実力者の山本一義(広島)はこの年が最後のランクインとなる。
 
 ベスト10圏外で取り上げたのは荒川尭(ヤクルト)だ。ドラフトから紆余曲折を経て、ようやくレギュラーとなった2年目のこのシーズン、才能の高さを見せることとなった。規定打席不足ながらwOBAは田淵を上回る。入団前から有名であった若いスターとあって人気は爆発。当時では考えられないことではあったが、オールスターの人気投票では長嶋に迫るほどであった。
 
 こうした人気には、現在に比べ三塁手が内野の花形的な扱いを受けていたことも寄与していたかもしれない。当時は、打球がどこに飛ぶかの傾向、守備システムも現在と異なっており、三塁手が特別な扱いとなっていた。団塊の世代の方であれば、草野球でやたらに三塁を守りたがる人が多かったことを覚えている人も多いのではないだろうか。その後、三塁手はそれほど守備力が高い選手が集まるポジションではなくなったが、それまでの野球人生で三塁を務めてきた選手がそのタイミングでコンバートされるわけではなく、一時的に三塁手が高身体能力の選手過剰となってしまったような時期もあった。
 
 ただしここに詳細は記さないが「荒川事件」はすでに発生しており、荒川はのちにその後遺症のため球界を去ることになる。荒川がプレーした同時代にはクリート・ボイヤー(大洋)ら三塁に守備の名手がいたが、荒川の守備指標は彼らに劣らず優秀であった。打撃面でもリーグを代表する打者になり得たと思われるだけに、このようなキャリアとなったのは残念な結果である。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集