データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



高田繁入団で巨人の得点力が群を抜く セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1968年編~

2020/07/18

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1968年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
阪急  134 .615 538 439  99
南海  136 .608 548 445  103
東京  139 .515 578 553  25
近鉄  135 .438 421 491  -70
西鉄  133 .431 464 486  -22
東映  135 .392 472 607  -135
 

 
 この時代はダリル・スペンサー(阪急)の成功もあり、MLBで実績ある外国人を獲得するトレンドが生まれていた。それを引き継ぎオリオンズが獲得したジョージ・アルトマンが、このシーズン、リーグ全打者中最高のwRAA46.9を生み出した。アルトマンはカブス在籍中の1961年にMLBのオールスターゲームに出場したほどの実績があるプレイヤーである。MLBにおけるベストシーズンだった1961年には、138試合に出場して打率.303、27本塁打、96打点でOPSは.913を記録。12三塁打でリーグ最多三塁打もマークしている。筆者には、アルトマンが来日した当時、雑誌で「2メートルの長身」と紹介されていた記憶があるが、実際は191センチほどであったらしい。
 
 ただしこのシーズン、1打席あたりの打撃の質を表すwOBA(※3)が最も良好だったのは張本勲(東映)である。この年の張本は欠場が嵩んでいたために、打席数が多いほどに数字を積み上げやすいwRAAでは、ほぼフル出場のアルトマンに一歩譲っている。
 
 なお、この年、張本は打率.336で首位打者を獲得しているが、前年も同じ打率での首位打者であった。規定打席到達中では最下位の小池兼司(南海)が.193を記録しているが、前年も小池は打率.194で最下位。小池の打率があと1厘上がっていれば「2年続けて首位打者と最下位が同じ打者で、かつそれぞれ同じ打率」の大珍記録が生まれるところであった。
 
 ベスト10圏外で成績を示した注目選手は阪急の矢野清である。阪急は前年に悲願の初優勝を遂げたところだったが、この年になるとスペンサーは加齢によりすでにフル出場が不可能な状態に。また長池徳士もこの年は不振だったため、得点生産に弱点を抱えていた。
 
 この状況を救ったのが矢野である。規定打席には到達しなかったが、wOBAを見ればリーグ最強の張本の.424をも上回る.430を記録。規定打席という枠を外せば、この年のパ・リーグで打席に立ったとき最も怖かったのは、張本ではなくこの矢野であったと考えることもできる。プロ入り後9年間、出場の実績すらほとんどない打者が10年目に突如としてリーグを席巻。日本シリーズに中心打者として現れた、ということで当時の違和感は今でも記憶に残っている。また、彼は登場と同様に、わずか2年で唐突に表舞台から消えた。

1968年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売   134 .592 652 496  156
阪神   133 .554 447 419  28
広島   134 .523 420 449  -29
サンケイ 134 .492 497 497  0
大洋   133 .454 483 558  -75
中日   134 .385 499 579  -80
 

 
 この年もwRAA84.9を記録した王貞治(読売)の独壇場が続く。本塁打は49本を数えた。ただしこのシーズンはセパ共にやや打撃優位のシーズンで、王に続いた上位組の長嶋茂雄(読売)、デーブ・ロバーツ(サンケイ)、江藤(中日)がそれぞれキャリア中最多の本塁打を記録している。それを考えると、王ほどの打者であればさらに数字が伸びてもおかしくない状況だ。王の現役生活を俯瞰で見た場合、この数字ですらやや不振気味のシーズンだったと捉えられるかもしれない。
 
 若い打者の台頭も見られた。衣笠祥雄(広島)、松原誠(大洋)、木俣達彦(中日)といった選手がベスト10の表にも登場している。ほかにはこれまでONの打席に出塁を供給しつづけてきた柴田勲が、チーム事情からONのあとに起用されたのがこの年だ。ONの前を打っていたときは、出塁率に強みがある典型的なリードオフヒッターであったが、この年は122安打のうち長打60、26本塁打と、これまでのキャリアからは想像もできない長打力を発揮。スラッガーとしての才能の片鱗を示した。しかし両打ちを右打者専業に変え、出塁よりも長打を重視するスタイルに変えた影響は大きかったのか、このあと2年ほど不振に苦しむことになる。
 
 またスピードタイプの打者にも世代交代が起こっている。前年首位打者獲得の中暁生(中日)が負傷によりシーズン半分を棒に振るが、入れ替わるように新人・高田繁(読売)の台頭があった。規定打席には達していないが、wOBA.382はリーグ5位の山内一弘(広島)と並ぶレベル。若い高田を加えた読売の打線は、このシーズンあたりから他球団を完全に圧倒しており、その結果として他球団は抜本的な対策を講じる必要に迫られることとなった。そして2年後の1970年、2011-12年並の低反発球を多くの球団が採用することになる。ちなみにサンケイの福富邦夫は.292、10本塁打、wOBA.348という結果には終わったが、夏場に「打席不足の隠れ首位打者」として話題になっていた。
 
 王の牙城に迫ったロバーツや、MLBでも実績のあるウィリー・カークランドの阪神入団、山内の復活など、各球団の強打者に話題の多いシーズンだった。のちのカークランドはやや肥満体型となったが、来日当初は筆者には痩せて見えたものだ。ロバーツはこの年と翌1969年の活躍が素晴らしかった。昭和40年代(1965-74年)に王が本塁打王でなくなる可能性を感じさせたのは、このロバーツと1974年の田淵幸一(阪神)だけであった。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集