データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ONの打撃は貯金32の価値 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1963年編~

2020/07/06

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1963年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
西鉄  150 .589 584 477  107
南海  150 .582 626 485  141
東映  150 .517 543 534  9
近鉄  150 .503 562 614  -52
大毎  150 .430 510 535  -25
阪急  150 .383 459 639  -180
 

 
 1963年は野村克也(南海)が52本塁打をマーク。1950年に小鶴誠(松竹)がマークした国内最多の51本を13年ぶりに更新し、135打点で打点王も獲得した。この年の野村は60.7と生涯最高のwRAAを記録している。この結果、過去9年間、wRAAで6回、wOBA(※3)で7回リーグ首位を占めてきた2位山内一弘(大毎)・3位張本勲(東映)のコンビを凌駕。初の首位に輝いている。リーグ全体の本塁打はボールの質が変化したらしいことと、試合数が150試合に増えたこともあって1962年の518本から745本に増加。前年までの飛ばなさすぎるボールは野村のような長打を武器とする選手には不向きのものであったのかもしれない。
 
 またリーグ全体で選手の能力が底上げされてきたらしく、この頃から、看板選手が活躍しても周囲の選手が振るわなければチーム総得点で上位チームに置いていかれる例が増えてきている。このことはセ・リーグにおけるこの年以前の読売にも該当する。ONを擁しながらほかのポジションの強化に手間取っていたがこの頃にようやく改善を見せ、傑出した総得点を得るようになっている。
 
 4位に入ったブルーム(近鉄)は、打率.335を記録し、前年に続いて首位打者に、6位に入ったケント・ハドリ(南海)は30本塁打を放って野村とともに南海にリーグ最多得点をもたらした。西鉄は豊田泰光放出によって得た移籍金の一部で、トニー・ロイ、ジム・バーマ、ジョージ・ウイルソンと3人の外国人野手を獲得。それぞれがwRAAランキングで、23位、13位、12位に入る活躍を見せた。投手陣では74試合で28勝を挙げた稲尾和久の力投もあって優勝を勝ち取っている。
 
 外国人といえばこの頃はMLB経験の乏しい選手の中から適性ある者を選ぶのが通例で、上記5選手の中で直近5年以内にメジャー出場の経験があるのはバーマとハドリのみ。ブルームは一度もメジャーの試合に出ていない。しかし翌年、この潮流を覆す大物が阪急にやってくる。
 
 この年優勝を果たした西鉄はwRAAでは誰ひとりベスト10に入っていない。これは史上初の出来事であった。リーグ上位の強力な打者はいないが、控え選手も含め全員で南海に大きく劣らぬ攻撃力をキープしたことが優勝につながった。ベスト10圏外選手として取り上げた中西太も、当時腱鞘炎を発症し常時の出場ができないコンディションの年が続いていたが、この年は故障後2度目のシーズン200打席オーバーを記録。優勝に貢献した。全員野球というのはこういうものを言いそうなものだが、このチームがそういう表現で呼ばれた例を知らない。

1963年のセ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売  140 .601 611 432  179
中日  140 .584 529 461  68
阪神  140 .496 472 521  -49
国鉄  140 .471 472 489  -17
大洋  140 .428 448 540  -92
広島  140 .420 515 604  -89
 

 
 この年、ボールの質がやや飛びやすいものに変わったのはセ・リーグも同様だったようだ。打撃成績が改善した選手は多く、リーグ全体の本塁打は508本から655本へと増加している。
 
 この年のwRAA首位は王貞治(読売)。勝利換算(※2)で8.6という1961年の長嶋茂雄(読売)以来の好値を記録している。相手球団からはかなり強いマークにあった様子で、四球は123を数えた。超打高シーズンだった1950年に千葉茂(読売)がマークした105四球を大幅に塗り替えている。
 
 2位の長嶋も長打率でリーグ首位となり、長打率とOPS(出塁率+長打率)で王を上回ったが、この後読売9連覇が途切れた1974年まで、王はこの2指標のいずれも首位から落ちることはなかった。この年の王と長嶋2人によるwRAA勝利換算の値は16を超えている。これは王と長嶋の打撃だけでチームの貯金を32増やせることを示している。にもかかわらず、リーグ2位の中日とのゲーム差はわずか2.5。読売はON以外にまだ多少の弱点を抱えていたようだ。
 
 ほかにはこの年から西鉄から国鉄へ移籍した豊田泰光、この後10年ほど上位をにぎわす江藤慎一(中日)の2人が順当に上位を占めた。広島勢も興津立雄、藤井弘、古葉毅が6・7・8位に3人固まってランクイン。ベスト10圏外でとり上げたパワー系好打者である大和田明や前年にwRAAランキング4位に入る活躍を見せた森永勝治もあわせて、野手陣の人材はかなり厚くなっている。
 
 ただ広島はこの翌年から本拠地での打撃成績が極端に低下し、彼らが揃って好成績を残すようなことはなくなる。1960年大洋のように、本拠地の試合で飛ばないボールを採用し、ロースコアで勝利を狙う環境を作りはじめたのだと思われる。王シフトを採用する際、当時の広島がコンピュータによる解析を導入したことは有名であるが、このコンピュータ解析が飛ばないボールを選択することについても活用されていた可能性は高い。この戦略は1968年に強力投手陣によってAクラス確保をするという形で成果が出るが、打撃陣の成績が犠牲になるコストの上に成り立っていたようだ。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集