データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



現役女子選手の新しいチャレンジ。加藤優はなぜDeNAスクールコーチに就任したのか?

今春より横浜DeNAベイスターズベースボールスクールのコーチに、一人の現役女子選手が加わった。昨年まで『埼玉アストライア』に所属していた加藤優さんだ。現在、加藤さんは現役選手としてトレーニングに励む一方で、ここDeNAのスクールで子どもたちに野球の魅力を伝えつつ、女子野球の未来を見据えて活動している。

2020/07/24

text By

photo

写真提供:横浜DeNAベイスターズ

タグ: , , , , , , , ,



女子選手が野球を続けられるように

 プロ野球球団にとっての使命は、単に強いチームを作り日本一になるばかりではなく、野球を活用し地域振興活動をすること、そして文化を育てることも重要な役割である。野球の普及におけるノウハウはもちろん、経営面においても加藤がDeNAから学ぶことはとても多いという。
 
「本当、勉強させてもらうことのほうが多いですね。新しいものを採り入れていくというイメージがDeNAにはあるので、今後は女子をメインにした野球教室や大会など、いろいろなアプローチをさせていただけたら嬉しいですね。コーチばかりではなく野球振興のお仕事を一緒にさせていただいているので、女子選手がもっと野球をつづけて、目指したいと思える場所を作れるお手伝いができたらいいなと思っています」
 
 女子選手が目指す場所――と、加藤は何度も言った。現在彼女は、所属先はないものの現役選手である。そんな自身の環境も鑑み、女子野球をもっと発展させ、世間に広く認知されることを願っている。
 

 
「今は日本代表のアンダー18など目指す場所があるにはあるのですが、わたしの理想としては、いずれ野球界でも、女性が男性と同じ夢を持てるような環境にしていけたら、と考えています。まだまだ難しいことなのでしょうが、大人たちがレールを敷くような流れが少しでもできればいいですね。今の若い子たちは才能豊かな選手も多いですし、野球を楽しみながら、さらにレベルを上げていってもらいたいですね」
 
 スクールで子どもたちに野球の魅力を伝え、現役選手としては日々のトレーニングを欠かさない。そして女子野球の未来を明るいものにしたいと加藤は今日も活動している。女子野球界きっての才媛として発信力のある彼女と、野球振興に力を入れるDeNAが果たしてどのような化学反応を示すのか、これからの動きに注目したい。

1 2 3


  • 記者募集