データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



出塁率向上の長嶋がリーグを支配 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1959年編~

2020/06/24

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1959年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
南海  134 .677 574 408  166
大毎  136 .631 559 447  112
東映  135 .515 490 483  7
西鉄  144 .508 494 459  35
阪急  134 .369 387 510  -123
近鉄  133 .300 381 578  -197
 

 
 前年、故障で出場機会が少なかった山内和弘(大毎)がwRAAランキングで首位の座を奪還。前年からパ・リーグはチーム数が減少し、各球団のレベルが接近してきた状況にもかかわらずwRAA50.3と高い値をキープしている。この年、山内は長打率6割を記録。ほかは5割台に達した者ですら.515を記録した葛城隆雄(大毎)だけなので、能力の高さは他の追随を許していない。
 
 2位は豊田泰光(西鉄)。出塁率.406で、この部門初の1位を獲得した。西鉄は中西太の負傷やベテランの加齢による衰えにより、ベスト10入りが1人にとどまった。これは7年ぶりのことである。凋落を予想させる西鉄をよそに、大毎勢が4人ランクイン。このときの毎日には、パ・リーグの盟主になることをもくろんだリーグ新設当時を想起させる勢いがあった。またひそかに東映も力をつけてきている。投手陣が整備されたこともあるが、一貫して過小だった得点力が標準レベルに達し、490得点483失点と、得点が失点を初めて上回った。
 
 チーム数減少・チーム合併の影響は編成にも表れている。合併の結果、半数の選手を切るような羽目になった球団もある。この3年前に新人ながら最多安打を獲得するなど華麗なデビューを飾った佐々木信也(大毎)がこの年で早くも引退。当時の西本幸雄監督が「野球をやらなくても食える人材だからやむなく切った」とコメントした逸話が残っている。水利技術者・八田與一が予算削減のため作業員を解雇せざるをえないとき、再就職が容易な有能な者から解雇したという故事を彷彿とさせる。
 
 ベスト10圏外の打者としては、1958年編でも注目した長谷川繁雄(南海)をピックアップした。wRAAは打席数が増えるほど高い得点を稼ぎやすい。そんな中長谷川は規定打席に達していないにもかかわらず、6位相当の23.9を記録。1打席あたりの打撃貢献にあたるwOBA(※3)は3位の葛城を4毛の差で上回っている。

1959年のセ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売  130 .612 551 382  169
大阪  130 .512 388 362  26
中日  130 .512 477 428  49
国鉄  130 .492 422 491  -69
広島  130 .481 401 414  -13
大洋  130 .392 352 514  -162
 

 
 前年、長嶋茂雄(読売)のルーキーイヤーは圧倒的な打棒を見せるも、四球が少ないという弱点もあった。ただこの年の長嶋は前年より少ない打席数で倍近い四球までとるようになり、完全にセ・リーグを支配した。wRAAの勝利換算(※2)が7を越えるのは6チーム時代では初めてである。出塁率.428、長打率.612ともに断トツ。双方でこれだけ2位以下をちぎるのも珍しい。また長嶋以外でもベテラン勢を押しのけるように新しい顔が浮上してきている。飯田徳治(国鉄)、与那嶺要(読売)の両ベテランについてはこの年が最後のベストテン入りとなる。
 
 ただ圧倒的な打棒を見せた長嶋も本塁打王を獲得することはできなかった。この年は、森徹(中日)、桑田武(大洋)がそれぞれ31本で本塁打王を分け合い、wRAAランキングでもそれぞれ2位と3位に入っている。この両者ともに強打者のわりには敬遠を除くと四球は少ない。大学野球出身の2人が、前年の長嶋同様、あまり四球を選べていないのは面白い現象だ。このうち、新入団の桑田はご覧のとおり.269 31本塁打 84打点を記録して新人王に選出されている。ただこの年には新人投手・村山実(大阪)が18勝10敗295.1イニングを投げて294三振、防御率は驚異の1.19をマークしていた。現代の常識からいえば、村山の新人王が妥当に思えるが、桑田が選出されていることに時代を感じさせる。
 
 この年、取り上げたベスト10以外のトピックは大阪の二塁手・鎌田実である。守備の名手として名高く、セイバーメトリクスの観点から見ても、打撃よりも守備による失点の阻止によってチームに利得を与え続けた選手である。この年、規定打席まであとわずかの371打席に立ちながら、四球は2に留まるという奇妙なスタッツを残した。たまたま敬遠に立ち会わなかったとしても、打席中ストライクが1球も来ないいわゆるストレートのフォアボールだってこれより少しは多く発生しそうなものである。これは間違いなく最初のストライクくさい球すべてを打ちに行っていると見ていいだろう。1952年編で取り上げた阪急のジョン・ブリットン(1952年に332打席で9四球、1953年に448打席で3四球)と並ぶ、NPB史で最も驚くべき四球の少なさである。鎌田はその後も長い現役生活を続け、通算(4000打席以上)で最も低い四球率を残している。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集