データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



怪童・中西が圧倒 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1955年編~

2020/06/12

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1955年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
南海  143 .707 606 445  161
西鉄  144 .643 663 471  192
毎日  142 .607 573 450  123
阪急  142 .571 589 462  127
近鉄  142 .429 510 584  -74
大映  141 .379 410 524  -114
東映  143 .364 424 568  -144
トンボ 141 .300 420 691  -271
 

 
 中西太(西鉄)がwRAA63.9でリーグ首位を記録。山内和弘(毎日)から2年ぶりに首位を奪還したシーズンとなった。この年はパ・リーグ全体で20本塁打以上が3名のみ。その中で中西が記録した35本塁打は相当に突き抜けた数字である。わずかに打点1点差で三冠王を逸するなど旧来のスタッツで見ても圧倒的だ。しかしランキングに用いた総合評価wRAAでは中西63.9、山内60.9と予想外の僅差となっている。山内が四球など打撃3部門以外で好成績を残したこと、また中西に比べ36打席多く打席に立ったことが要因だ。
 
 ほかには高卒1年目の榎本喜八(毎日)がwRAA44.0を記録。これは高卒1年目としては突出した成績とされる清原和博(西武)の1.5倍近い数字である。ただこれはリーグ8チーム制時代ゆえに低いレベルの選手が多く混ざり、平均の基準が下がっていたことが要因として大きい。44.0という数字は、通常のシーズンで同じ数字を記録するよりもやや過大な評価といえるだろう。
 
 この年も西鉄勢がベスト10のうち4人を占め、攻撃力はチームの歴史の中でピークを迎えたが、ペナントは南海が奪還した。上位下位の戦力差が大きい年度のようで、優勝の南海は今でもNPB歴代最高記録として残る99勝を挙げている。西鉄は失点数が影響して90勝を挙げながら2位にとどまっている。ちなみに稲尾和久はこのオフに入団する。大活躍は翌1956年からとなる。
 
 ベスト10圏外のトピックとしては、11位のチコ・バルボン(阪急)を挙げたい。wRAA15.4と、打撃成績自体飛び抜けているわけではないが、リードオフマンとして年間通じて活躍。最多安打タイの163安打、リーグ2位の49盗塁を記録。得点も105を記録して中西、山内らを抑えてこのシーズンの得点王となった。

1955年のセ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売  130 .713 579 291  288
中日  130 .597 420 334  86
大阪  130 .555 423 392  31
広島  130 .453 395 508  -113
国鉄  130 .445 424 428  -4
大洋  130 .238 290 578  -288
 

 
 首位打者を獲得した川上哲治(読売)を抑え、町田行彦(国鉄)がwRAA38.6で初めてリーグ首位となった。町田は31本で本塁打王も獲得した一方、出塁系の数値は振るっていない。川上の打率.338、出塁率.432に対し、町田は.280、.346。これだけ出塁能力に差がありながら、ほぼ長打力だけでwRAAトップを記録した。これはこの時代としてはかなり難易度が高いことである。
 
 また同じように長打に特化した佐藤孝夫(国鉄)が打率.224でwRAA6位に入っている。こちらについては、投手優位の時代であるため、出塁・長打を兼ね備えた選手が少ないことを示す例といえる。長打力に特化したかたちでも十分ベスト10入りを狙える。また佐藤は、得点も77を記録してリーグ得点王であったが、これは史上最も低い打率での得点王である。なお、20本以上の本塁打を記録したのは町田と佐藤の国鉄勢2名だけであった。
 
 飛ばないボール使用の、非常な投手優位のシーズンであることは各選手の打撃スタッツを一目見て感じとれると思う。4位小鶴誠(広島)以下の選手スタッツは現代の目で見た場合、シーズンを好調で過ごした選手とは思えない。また、チーム単位で見ても大洋の年間総得点は信じられないことに130試合で290点にとどまる。1試合あたりにすると2.2得点だ。今でも贔屓チームの打線が調子を落としている時期、「サッカーみたいだな」という声が出たりする。昨年のJリーグでは横浜F・マリノスが1試合平均2.0得点、スペインではFCバルセロナが約2.4得点であったため、この年の大洋は誇張抜きにサッカー並の得点力であった。
 
 ベスト10圏外のトピックとしては、1953年編に続き柏枝文治(読売)を挙げる。1打席あたりの打撃の質を表すwOBA(※3)は.387と、規定未満ながらリーグ首位の町田を上回る。にもかかわらず出場は250打席。ほかに起用の方法はなかったのかと疑問も浮かぶ。
 
 柏枝が守る三塁は、この年1年を通して広岡達朗が守っている。確かに当時は現代以上に三塁が守備の重要ポジションだったため、このこと自体はそれほど珍しくはない。しかし出場の状況を見ると、左右の投手に対して選手を使い分けるプラトーン起用の形跡も見えない。結果だけを見ると、リーグ最高レベルの打力をもつ柏枝を控えとして起用しているのが少々不思議に見える。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集