データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



阿部にバントのサインを出した巨人・原監督。野村監督も驚愕、どの監督よりも強かった『勝利へのこだわり』

野球界における参謀の存在意義 “名将の思考”と“今の時代に求められる指導者像”を記した橋上秀樹氏最新刊『常勝チームを作る、最強ミーティング』から原辰徳さんとのエピソードを第2章「3人の常勝監督が参謀に求めたもの」から発売に先駆けて公開です。

2020/05/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



「原はチームの中心選手にそこまでできるんだな」

 指揮官である監督であれば、勝利に対する飽くなきこだわりを必ず持っていなければならない。しかし現実問題として、実は勝負どころで「勝利への執念を見せられる人」というのは、案外少ない。
 
 そうした中で、勝利への執念を最も感じさせてくれたのは、原監督だった。
 
 私が楽天のヘッドコーチ時代、巨人と対戦したときの話である。試合終盤のノーアウト一塁という場面で、打線の中軸を任されていた阿部慎之助が、送りバントをした。どう考えても阿部本人が送りバントを率先して行うタイプのバッターだとは思えず、これは原監督からの指示だと直後に読み取った。
 
 このとき、隣にいた野村さんがこうつぶやいた。
 
「この場面でチームの中心選手に送りバントのサインを出すなんて、すげえことやるな。オレだったら、クリーンナップを打つ選手に送りバントのサインを出そうなんて、これっぽっちも考えたことないよ」
 
 私が「それはどうしてですか?」と質問すると、野村さんはこう答えてくれた。
 
「送りバントを出されたときの心情を考えてみろよ。『オレのこと、信用してくれないのか』って、プライドがズタズタになるかもしれないじゃないか。原はチームの中心選手にそこまでできるんだな」

1 2 3



  • 記者募集