データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



選手たちの練習報道を見守る辻監督「信頼している」。自らも感染予防を徹底しつつ日課のランニングは欠かさず

2020/04/20

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



 埼玉西武ライオンズが20日、プロ野球開幕の見通しが立たない日々が続く中で、辻発彦監督のいまを伝えている。
 
 選手たちが週に4回の自主練習をこなす中で、辻発彦監督は報道を通じて選手たちの練習内容を見ながら、ルーティーンをこなす日々だ。
 
 自主練習が始まって以降、球場施設に足を運ぶ事はないが、山川穂高内野手らの捕手練習中村剛也内野手の打撃投手平井克典投手のブルペン入りなど、選手の頑張りや工夫は辻監督の目にもしっかり留まっているという。
 
 「まだ開幕までは時間があるから。今はどうしても実戦を積むことができない。だからこそちゃんと動けるようにしていてほしいね。しっかりと実戦に入れるように、ちゃんと打てる、ちゃんと投げられる、そんな状態であってほしい」と話した辻監督。それでも選手たちについては「ちゃんとやっていると思うよ。頑張っていると思う。信頼をしているから」と目を細めた。
 
 一方で、この期間はいつも以上に自身の身体に気を遣う。宅急便を受け取ったらすぐに手洗い、買い物にもほとんど行かない。毎日の日課であるランニングは欠かさないものの、「今は絶対に感染しないこと。しっかり身を守らなくてはいけないからね。それは我々もファンの皆さんも一緒でしょう。1日も早く開幕を迎えられるようにやっていかないと」と気を引き締める。
 
 こんな時期だからこそ、家で自ら昼食をつくることもある。
 
「昨日はサンドイッチを作ったよ。アメリカンクラブサンドだな。パン焼いてチーズとベーコンときゅうりとマスタードを入れてさ」
 
 本来だったら、明日は東京ドームでのホームゲーム。懐かしいデザインのユニフォームを身にまとい、大勢のライオンズファンの前で戦うはずだった日だ。
 
 1日でも早く開幕を迎えられるように辻監督もあの手この手を使って、自らの身を守り、大勢のファンと会えることを楽しみにしている。



  • 記者募集