データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



期待大の助っ人たち!MLBの実力者は日本で輝けるか エスコバー、パーラ、ボーアの特性とは

2019/12/01

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



初球の打率は4割に迫る!6番での起用が最適?

 巨人のパーラは、キャリアでアリゾナ・ダイヤモンドバックス、ブリュワーズ、ボルティモア・オリオールズ、コロラド・ロッキーズ、サンフランシスコ・ジャイアンツ、ワシントン・ナショナルズと6球団を渡り歩いた。
 
 複数球団に所属したシーズンも含めて毎年計100試合以上に出場したことで、どのチームでも適応できる柔軟な選手であることが言える。そして通算成績も打率.276、1312安打、88本塁打、522打点、96盗塁と確かな実績を持つ。
 
 パーラもエスコバーと同様に初球に強い。その打率はエスコバーの.324を上回る.391と4割に迫り、276安打、140打点はカウント別の成績では最多の数字だ。得点圏のチャンスにも特別弱くはなく、通算.275、17本塁打、415打点をマークしている。
 
 上位打線は亀井善行外野手や坂本勇人内野手を多く起用した巨人だが、パーラが優れた成績を残した打順も1番と6番。1番で通算210試合で打率.281、20本塁打、77打点をマークし、6番では通算228試合で打率.302、18本塁打、113打点をマークした。
 
 ちなみに、中軸で起用されることが50試合以下と少なくどのような働きをするかは未知だが、3番と4番で計77試合に出場した際には本塁打は4本のみ(全て4番での出場時)となっている。

圧倒的な右投手キラー。巨体に似合わず?守備力にも期待

 阪神のボーアは、今季ロサンゼルス・エンゼルスで大谷翔平選手と同僚だったが、その大谷とアルバート・プホルス内野手といった強打者2人と指名打者(DH)、一塁の出場機会を分け合ったため、52試合の出場にとどまった。
 
 それでも、メジャーデビューの2014年から2018年途中まで過ごしたマイアミ・マーリンズでは主砲として83本塁打をマーク。2015年(23本)、2017年(25本)、途中でフィラデルフィア・フィリーズに移籍した2018年(20本)と20本塁打以上のシーズンを3度経験した。
 
 三振数の多さから粗さが目立つが、意外にも出塁率は低くない。2014年から5年連続.320以上で、108試合に出場した2017年にはシーズン98三振を喫しながらキャリア最多の109安打、25本塁打、そして47四球を選んで出塁率はキャリア最高の.366、長打率.536でOPSを.902としている。
 
 左打者のボーアは、セオリーの通りに右投手が得意で左投手が苦手。右投手に対して通算打率.260、84本塁打、253打点をマークしているのに対し、左投手に対しては打率.217、8本塁打、47打点と極端な差が生まれている。
 
 代打としての成績は通算100打席で打率.244、5本塁打、22打点と持ち前の長打力を発揮しずらく、先発としての起用が適している。キャリアの大部分をナショナル・リーグで過ごしていたこともあって、身長193センチ、体重122キロの巨体でありながら一塁守備は問題ない。それどころか、一塁手として460試合に出場して失策はわずかに15個(守備率.996)しかないため、守備力の高さにも期待していいだろう。
 
 バリバリのメジャーリーガーが日本球界でプレーすることが多くなった近年。来季も彼らが実力通りの成績を残しチームに貢献することができるか、球団、ファンと多くの人々が期待している。

1 2



  • 記者募集