データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「最初からサードへ投げる気持ちがあれば」。巨人・戸郷翔征が悔しい4失点。ソフトバンクは勝ち星先行で好循環【日本シリーズ第3戦】

2019/10/23

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 「SMBC日本シリーズ2019」第3戦・読売ジャイアンツ対福岡ソフトバンクホークスが22日、巨人の本拠地・東京ドームで行われた。試合は、ソフトバンクが巨人を6-2で下し、シリーズ3連勝。勝敗を分けたのは4回の攻防と、シリーズならではの重圧にある。
 
 初回、巨人はソフトバンク先発のバンデンハークに対し、亀井善行の右中間スタンドに飛び込む本塁打で先制する。一方のソフトバンクは、巨人先発の高橋優貴からグラシアルの本塁打とデスパイネの適時打で2-1と逆転に成功。高橋を3回途中でノックアウトした。
 
 追いつきたい巨人は、3回裏先頭となった2番手・鍵谷のところで、試合前の打撃練習でも快音を響かせていた石川慎吾を代打に。石川は、バンデンハークに対し、9球を粘ると、10球目のストレートを弾き返したが二塁手の正面を突き、惜しくもセカンドライナーとなった。しかし、続く亀井が2打席連続本塁打を放ち、試合の流れを引き戻した。
 
 ここで一気に主導権を握りたい巨人は、4回から好調のルーキー戸郷翔征をマウンドへ送り込んだ。戸郷は、先頭の松田宣浩を150キロ超えの速球とカットボールで空振り三振に打ち取る。このまま巨人へ流れが傾くかに見えたが、日本シリーズの重圧がルーキーへとのしかかる。
 
 7番・内川聖一に対しては「三振を取れた」と思ったというボールを巧くレフト前に運ばれ1死から出塁を許すと、続く甲斐には8球を粘られた末、四球を選ばれた。
 
 ソフトバンクは、1死一、二塁と勝ち越しの絶好機で、打順は投手のバンデンハーク。巨人がすでに3人の投手をつぎ込んでいるのに対し、ソフトバンク・工藤監督は、先発バンデンハークの続投を選択し、そのまま打席へと送り込んだ。
 
 上位打線を迎える前になんとか2死としたい巨人だったが、バンデンハークのバントを、戸郷が三塁フォースアウトを狙うも送球が逸れてピンチ拡大。勢いのない打球を見て一塁送球が頭をよぎったという戸郷は、「最初からサードへ投げる気持ちがあれば」と悔やんだ。

【次ページ】勝敗を分けたのは
1 2