データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



60本塁打、150打点、150四球…NPB、2019年に期待したい記録<スラッガー部門>

プロ野球は12球団すべてが40試合を消化。各球団、新戦力や急成長した若手などを見出しながら戦い方を模索し、今年のチームを作っている。全3回に分けて、2019年の達成に期待したい記録を紹介する。第2回目は、スラッガー部門だ。

2019/05/23

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



60本塁打

 埼玉西武ライオンズの山川穂高が本塁打数において両リーグトップを独走中だ。西武はここまで44試合を消化し、山川が放った本塁打は20本。おおよそ2試合に1本という他の追随を許さぬ量産スピードで、このままいけば2013年にウラディミール・バレンティン(ヤクルト)が2013年に樹立したNPB記録60本を大幅に更新する65本ペースとなっている。
 
 また、千葉ロッテマリーンズのブランドン・レアードもシーズン50本を超える調子で本塁打を放っており、山川の本塁打王に待ったをかける存在として期待したい。
 

150打点

 打点でも傑出した数字を残しているのが山川だ。同時点で早くも50打点をマークしており、143試合に換算すると162打点にのぼる。大きな不調や故障がなければ、1999年のロバート・ローズ以来となる150打点も視界にとらえるだろう。さらには、半世紀以上更新されていないNPB記録である161打点(小鶴誠、1950年)に届く可能性もゼロではない。走者がいてこその記録であるため、調子を上げ始めている秋山翔吾ら上位打線の出塁が鍵となりそうだ。

【次ページ】150四球
1 2