データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本ハム、相手エラーで追い付く! ショート・セミエンの悪送球で1-1の同点に

2019/03/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



<オークランド・アスレチックス ― 北海道日本ハムファイターズ>
 
 日本ハムは初回・2回の攻撃を無得点で終えたが、3回に相手のエラーの間に得点。1-1の同点に追い付いた。
 
 初回、アスレチックス先発のブレット・アンダーソン投手に対し、先頭の西川遥輝外野手がインコースのボールを引っかけてニゴロ。2番大田泰示外野手はナックルカーブに空振り三振に倒れた。3番・三塁手で出場している近藤健介外野手は四球で出塁したが、中田翔内野手は遊ゴロに倒れてこの回の攻撃を終えた。
 
 2回裏の日本ハムは王柏融外野手が3球三振に倒れるも、杉谷拳士内野手が四球で出塁。一気に攻めたい場面だったが、淺間大基外野手が動くボールをとらえきれずに一ゴロ併殺打に倒れて好機を演出できなかった。
 
 0-1と追いかける展開で迎えた3回裏、8番・郡拓也捕手が三遊間を破る安打で出塁。この日日本ハムの初ヒットとなった。続く中島卓也内野手は犠打を決めて1死・二塁を作るも、西川は見逃し三振。2番大田は遊ゴロも、アスレチックスのマーカス・セミエン内野手が悪送球。二塁走者の郡が生還して同点に追い付いた。近藤は投ゴロに終わり、1得点でこの回に終わった。
 
 試合は3回裏を終え、1-1の同点となっている。