データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



アスレチックス、いきなり満塁の好機作り1点先制 日本ハムは先発有原が出鼻くじかれる

2019/03/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



無死満塁から4番デービスの内野ゴロの間に1点

<オークランド・アスレチックス ― 北海道日本ハムファイターズ>
 
 アスレチックスは初回、日本ハム先発の有原航平投手に対して先頭のロビー・グロスマン外野手がいきなり右中間への三塁打を放つと、続くマット・チャップマン内野手とマット・オルソン内野手が連続で四球を選んで無死満塁とチャンスを広げる。
 
 そして、昨季メジャー最多となる48本塁打を放った4番のクリス・デービス外野手が初球の変化球を弾き返すも三ゴロ。この間に三塁走者のグロスマンが生還し、アスレチックスが1点を先制した。
 
 なおも1死一、三塁と追加点のチャンスだったが、スティーブン・ピスコッティ外野手が捕邪飛、ジュリクソン・プロファー内野手が中飛に倒れて3アウトとなった。しかしこの回、アスレチックスが1-0と日本ハムからリードを奪っている。




  • 記者募集