データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【春季キャンプ見どころ・阪神】二遊間、外野1枠を巡って若手が競争 投手陣は層を厚くできるかが鍵

2019/02/01

text By

タグ: , , , ,



 2月1日からプロ野球の春季キャンプが一斉にスタート。大物ルーキー、新外国人、フリーエージェント(FA)移籍など新加入の選手に注目が集まるが、それぞれのチームがシーズンを勝ち抜くためのポイントはどこか。開幕時点の投手起用とオーダーを検討し、見どころを探る。

先発3枚揃うも、ブルペン陣の高齢化進む


 昨季の先発投手陣は規定投球回数をクリアしたのがメッセンジャーしかいなかった。しかし、シーズンオフに、オリックスからFAとなっていた西勇輝、昨季13勝のガルシアを中日からそれぞれ獲得した。3枚は決まったと行っていい。
 
 残り3枠を争うことになるが、昨季23試合先発の岩貞祐太、小野泰己がややリードか。藤浪晋太郎、手術明けとなる秋山拓巳の巻き返しにも期待したいし、昨季デビューした3年目の才木浩人、右サイドからの投球が持ち味の青柳晃洋、ルーキーの齋藤友貴哉も候補。馬場皐輔も諦めてはいないはずだ。
 
 一方のブルペン陣はドリス、新外国人のジョンソンを守護神候補に、能見篤史、藤川球児、桑原謙太朗が中心になるだろう。しかし、球界の大きな流れとしてブルペン陣はそうそう計算通りに行くものではない、能見、藤川の年齢も気になるところだ。5人を中心としながら、層を厚くしていきたい。
 
 左腕では、昨季途中にソフトバンクから獲得した飯田優也はキーになりそうで、島本浩也、岩崎優ら左キラーの争いが見ものだ。モップアップの役割では岡本洋介、望月惇志、伊藤和雄などがいる。枚数が多いほど、フルシーズンの戦いでは優位に運ぶ。開幕1軍メンバーがベストではなく、年間トータルでブルペン陣を作り上げていきたい、

【次ページ】野手
1 2