データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



5球団で監督交代、今季引退の選手も…12球団の2019年コーチングスタッフの顔ぶれは? 

プロ野球2019年シーズンに向け、12球団のコーチングスタッフが確定した。

2019/01/01

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



新監督の5球団 巨人、中日、阪神、オリックス、楽天


 監督交代を経て2019年シーズンに挑むのは、読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズ、阪神タイガース、オリックス・バファローズ、東北楽天ゴールデンイーグルスの5球団だ。
 
 巨人は、原辰徳監督が4年ぶり3度目となる指揮。過去リーグ優勝7回、日本一3回の名将が、優勝から遠ざかるチームを常勝へと引き戻す。刷新されたコーチ陣は、宮本和知投手総合コーチ、元木大介内野守備兼打撃コーチら新鮮な顔ぶれ。ファームには、今季引退した杉内俊哉氏や村田修一氏らが名を連ねた。
 
 与田剛新監督による新体制となった中日は、1軍コーチを中心に大幅な入れ替えが行われた。ヘッドコーチには監督経験が豊富な伊東勤氏が着任。今季引退した荒木雅博氏、浅尾拓也氏、工藤隆人氏が指導者として新たなスタートを切る。小笠原道大2軍監督は2019年も続投し、1軍に通用する選手へと育て上げる。
 
 阪神は、矢野燿大2軍監督が、1軍監督に昇格。指揮官とともにファーム日本一に導いたコーチ陣も揃って1軍へ配置換えとなった。ヘッドコーチには、清水雅治氏が就任し、今季最下位に沈んだ阪神に、新たな風を吹き込む。ファーム育成兼分析担当コーチは、球団本部企画担当から異動となった日高剛氏が務める。
 
 オリックス・バファローズは、今季ヘッドコーチを務めた西村徳文氏が監督を務める。1軍内野守備走塁コーチだった風岡尚幸氏がヘッドコーチに、2軍監督だった田口壮氏が、野手総合兼打撃コーチに就いた。2軍は、監督に中嶋聡氏、内野守備走塁コーチに後藤光尊氏が新たに加わり、若手を鍛え上げる準備は万端だ。
 
 楽天は、“松坂世代”の平石洋介監督代行がそのまま監督に就任。12球団最年少指揮官のもとには各所からスペシャリストが集った。
 
 1軍は、打撃チーフコーチに金森栄治氏、打撃コーチに今季現役を引退した小谷野栄一氏、投手チーフコーチに伊藤智仁氏、バッテリー兼守備作戦コーチに光山英和氏がそれぞれ着任。2軍は、監督の三木肇氏に加え、今季までDeNAでプレーした後藤武敏氏や、四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスで監督を務めた石井貴氏らが脇を固める。

1 2 3