データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍ジャパン、笠原・岩貞ら投手陣の快投で最終戦に快勝 5勝1敗でMLBオールスターに勝ち越し

2018/11/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



<2018日米野球・第6戦>
侍ジャパン 4―1 MLBオールスター(15日・ナゴヤドーム)
 
 「2018日米野球」第6戦は15日、ナゴヤドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」がMLBオールスターチームを4―1で下した。
 
 第5戦を終えた時点で勝ち越しを決め、最終戦に臨んだ侍ジャパン。先発・笠原祥太郎投手がホームグラウンドの名古屋で三者凡退の絶好の立ち上がりを見せると、打線がすかさず援護。2回に無死満塁から源田壮亮内野手の走者一掃の3点適時三塁打で先制に成功した。
 
 笠原は2回も無安打。3回以降は毎回三塁まで走者を進めたが、粘り強い投球で無失点に抑えた。再三のピンチを乗り切り、4回2/3を4安打2四球4奪三振無失点と好投した。
 
 5回2死一、二塁でマウンドを継いだ岩貞祐太投手は、ナ・リーグ新人王ロナルド・アクーニャJr.外野手を空振り三振に取って、無失点にしのいだ。6回を三者凡退、7回も走者を背負ったが無失点に抑えた。
 
 8回にマウンドに上がった佐藤優投手がナショナル・リーグ新人王のロナルド・アクーニャJr.外野手にソロ本塁打を許した。だが、許した得点はその1点のみ。9回は山崎康晃投手が締め、リードを守り切った。
 
 侍ジャパンはシリーズを通じて3度の逆転勝利を果たし、粘り強い戦いを見せた。今シリーズの対戦成績を5勝1敗とし、日米野球2大会連続で勝ち越しを果たした。