データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍ジャパン・笠原が好投、MLB相手に5回途中4安打無失点

2018/11/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 「2018日米野球」第6戦が15日、ナゴヤドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」の先発・笠原祥太郎投手(中日ドラゴンズ)が5回途中無失点の好投を見せた。
 
 チャイニーズ・タイペイとの壮行試合に続き、笠原が先発のマウンドに立った。
 
 初回、先頭の指名打者J.T.リアルミュート捕手を外角のチェンジアップで空振り三振に仕留めると、2番エンリケ・フェルナンデス内野手を投ゴロ。ナ・リーグ新人王のロナルド・アクーニャJr.外野手は遊ゴロに打ち取り、三者凡退の絶好の立ち上がりを見せた。
 
 この日、高い制球力を発揮した笠原は、2回も1奪三振と凡打2つで無安打ピッチング。3回はケビン・ピラー外野手の左前打、四球で無死一、二塁と走者を背負った。だが、クリス・テイラー内野手を遊ゴロの併殺崩れ、続くリアルミュートを空振り三振、ヘルナンデスを中飛に取ってピンチをしのいだ。
 
 4回も走者を背負いながら無失点。5回は四球と安打で無死一、二塁としたが、打者2人を凡打に取って2死した。球数制限に達し、ここで降板。4回2/3を投げ、4安打2四球4奪三振無失点でMLB打線を抑えた。マウンドを引き継いだ岩貞祐太投手がアクーニャJr.を空振り三振に取ってこの回を締めた。