データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍ジャパンが2回に4点を先制! 西武勢が躍動、源田が走者一掃の適時三塁打

2018/11/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



<2018日米野球・第6戦>
侍ジャパン―MLBオールスター(15日・ナゴヤドーム)
  
 「2018日米野球」第6戦が15日、ナゴヤドームで行われ、2回に源田壮亮内野手の適時三塁打で3点の先制に成功した。
 
 侍ジャパンは2試合連続の逆転勝ちを果たし、シリーズ4勝1敗で勝ち越しが決定。最終戦となるこの日、2回表に山川穂高内野手が四球、森友哉捕手と外崎修汰内野手の連打で無死満塁のチャンスを迎えた。源田がMLB先発のブライアン・ジョンソン投手の6球目を右翼線へ運ぶと、走者一掃の適時三塁打となった。
 
 なおも1死三塁と好機は続き、2番・菊池涼介内野手が2番手エラスモ・ラミレスから中犠飛を放ち、4点目を挙げた。