データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍J・甲斐、劇的幕切れ呼んだ一塁カバー「当たり前のこと」 6回に盗塁許すも「チームが勝ったので」

2018/11/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



<2018日米野球・第5戦>
侍ジャパン 6―5 MLBオールスターチーム(14日・ナゴヤドーム)
 
「2018日米野球」第5戦が14日、ナゴヤドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」が6-5で逆転勝ちを収め、これでシリーズ4勝1敗として勝ち越しを決めた。
 
 甲斐拓也捕手の攻守にわたる活躍が侍ジャパンを勝利に導いた。先発の東浜巨投手が3回3失点を喫するなど6回までに1-5と4点を追う苦しい展開だったが、7回に甲斐のタイムリー安打を足掛かりに一気に4得点を挙げ5-5の同点。さらに甲斐は続く8回1死一塁の場面で再びレフトへタイムリー二塁打を放ってついに勝ち越しに成功した。
 
 9回は、6番手としてマウンドに登った松井裕樹投手が1死一塁からミッチ・ハニガー外野手を遊ゴロに打ち取り、一塁走者を二塁フォースアウトとした後にセカンドの山田哲人内野手が一塁への暴投するも、これを甲斐が素早くカバー。ボールを拾い上げると、この間にハニガーが狙った二塁へ甲斐キャノン”を炸裂させ、ハニガーは二塁手前でタッチアウトに。思わぬ形の幕切れで侍ジャパンが6-5で勝利し、これでMLBオールスター相手にシリーズ4勝1敗として勝ち越しを決めた。
 
 試合後、甲斐は試合に決着を付けた好送球について「(一塁カバーは)当たり前のことを当たり前にやっただけ」とコメント。また、この日は6回に今季メジャーで24盗塁を記録した1番のアーメッド・ロザリオ内野手に盗塁を許したが、これについては「盗塁を刺してもチームが負けたら意味がない。盗塁は刺せなかったがチームが勝ったので。それが一番」と盗塁阻止に関わらず、あくまでもチームが結果的に勝利したことを何より喜んでいた。
 
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部