データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】第5戦のスタメン発表! 侍Jは田中広と菊池が1、2番 MLBはモリーナが先発マスク

2018/11/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 「2018日米野球」第5戦が14日、ナゴヤドームで行われる。試合に先立ちスターティングメンバ―が発表された。
 
 MLBオールスターはミルウォーキー・ブリュワーズのジュニア・ゲラ投手、日本代表「侍ジャパン」は福岡ソフトバンクホークスの東浜巨投手が先発登板する。
 
 侍ジャパンは、第4戦で活躍した広島東洋カープの田中広輔内野手と菊池涼介内野手の機動力コンビが1、2番に座る。菊池は指名打者(DH)での出場となる。「5番・一塁」には読売ジャイアンツの岡本和真内野手が2戦ぶりにスタメン復帰。先発マスクは甲斐拓也捕手が務める。“甲斐キャノン”炸裂なるか。
 
 MLBオールスターは、“最強捕手”ヤディアー・モリーナが2戦ぶりに先発復帰。また、第4戦で本塁打を放ったリース・ホスキンス外野手が、打順を1つ上げて6番に座る。さらに、メジャーの盗塁王ウィット・メリフィールド内野手が「9番・二塁」で先発し、甲斐との攻防にも注目だ。
 
 両チームのスターティングメンバ―は次の通り。
 
<侍ジャパン>
1番(三)田中広輔
2番(指)菊池涼介
3番(二)山田哲人
4番(中)柳田悠岐
5番(一)岡本和真
6番(右)上林誠知
7番(捕)甲斐拓也
8番(左)田中和基
9番(遊)源田壮亮
(投)東浜巨
 
 
<MLBオールスター>
1番(遊)アーメッド・ロザリオ
2番(捕)ヤディアー・モリーナ
3番(一)カルロス・サンタナ
4番(中)ロナルド・アクーニャJr.
5番(左)フアン・ソト
6番(指)リース・ホスキンス
7番(右)ミッチ・ハニガー
8番(三)エンリケ・ヘルナンデス
9番(二)ウィット・メリフィールド
(投)ジュニア・ゲラ