データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍ジャパン、山川が同点2点適時二塁打! 第3戦に続いて再び代打成功

2018/11/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



<2018日米野球・第5戦>
侍ジャパン ― MLBオールスターチーム(14日・ナゴヤドーム)
 
「2018日米野球」第5戦が14日、ナゴヤドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」が7回に代打・山川穂高内野手が同点2点タイムリー二塁打を放った。
 
 侍ジャパンは1-5と4点を追う7回、MLBオールスター2番手のヘクター・ベラスケス投手に対して無死一、三塁とチャンスを作ると、7番・甲斐拓也捕手が右前へタイムリー安打。さらに一、二塁から田中和基外野手の投ゴロを捕球したベラスケスが二塁へ悪送球し、二塁走者が生還して2点差に迫る。
 
 なおも1死一、三塁とチャンスは続き、ここで稲葉篤紀監督は代打として山川を起用。山川は初球のシュートを捉えると、打球はレフトへのタイムリー二塁打となって一気に2者が生還し5-5の同点に追い付いた。山川にとっては第3戦以来の代打成功となった。