データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍ジャパン、9回に驚異の粘り! 打線つながりMLBオールスターに逆転勝利

2018/11/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



<2018日米野球・第4戦>
侍ジャパン 5―3 MLBオールスターチーム(13日・マツダスタジアム)
 
 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームによる「2018日米野球」が13日、マツダスタジアムで行われた。侍ジャパンが9回に粘りを見せ、逆転。日米野球3勝目を挙げた。
 
 侍ジャパンは先発・大瀬良大地投手が2回裏に指名打者リース・ホスキンス外野手のソロ本塁打で先制を許した。
 
 両者無得点が続いて迎えた7回裏、2番手・高橋礼投手が1死二塁からフアン・ソト外野手に適時二塁打を放たれ、2点目を失った。
 
 侍ジャパンは8回表、1死走者無しから秋山翔吾外野手の左翼へのランニング本塁打でようやく1点を返した。だが、その裏にカルロス・サンタナ内野手の犠飛で再び2点差とされる。
 
 2点ビハインドで迎えた最終回、代打で登場した田中和基外野手が四球と盗塁で無死二塁のチャンスを作る。上林誠知外野手と田中広輔内野手の適時打などで同点に追いつくと、1死一、三塁から菊池涼介内野手のセーフティスクイズでついに逆転。柳田悠岐外野手の内野ゴロの間に1点を追加し、この回4点を挙げた。
 
 最終回は、山崎康晃投手と甲斐拓也捕手のバッテリーが無失点に抑え、試合を締めた。