データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】初勝利のMLB、モリーナが外角球を逆方向へ3ラン 指揮官「今後メジャーで増える」

2018/11/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



右腕・多和田のスライダーをライトスタンドへ技あり一発

<2018日米野球・第3戦>
MLBオールスターチーム 7-3 侍ジャパン(11日・東京ドーム)
 
「2018日米野球」第3戦は11日、東京ドームで行われ、MLBオールスターが7-3で日本代表「侍ジャパン」に勝利。3戦目にして今シリーズ勝利を挙げた。
 
 2連敗中で意地を見せたいMLBオールスターは4回、侍ジャパン先発の多和田真三郎投手に対してJ.T.リアルミュート捕手が2試合連発となるソロ本塁打を放ち先制に成功。その後ヤディアー・モリーナ捕手の強烈な一塁けん制で試合の流れを掴むと、直後にそのモリーナの3ラン本塁打などで一気に4得点を挙げ5-1とリードした。
 
 投げては、先発のスコット・バーロー投手が5回途中1失点と粘投。7回にエウヘニオ・スアレス内野手とミッチ・ハニガー外野手のタイムリー安打で2点を追加したMLBオールスターは、4番手のジョン・ブレビア投手が9回に2点を失ったものの後続を抑えて7-3で勝利を収めた。
 
 試合後、MLBオールスターのドン・マッティングリー監督は「まず何よりも、先発のバーローがしっかりと試合を最初から作ってくれた。それがチームに勢いをもたらしてくれた」とコメント。さらに、「ピンチをしのげたのも大きかった」とけん制や本塁打で攻守にわたって活躍したモリーナについても言及した。
 
 モリーナの本塁打は、右投手の多和田が投じた外角低めのスライダーを逆方向のライトスタンドへ叩き込む一発だったが、これについて指揮官は「メジャーでは逆方向への本塁打というのはどんどん増えていると私は見ている。それは選手たちがより体が大きく、そして強くなっているからだ」と解説。モリーナとともにこの日米野球で逆方向へ本塁打を放ったリアルミュート、フアン・ソト外野手の名を挙げながら「投手の攻め方というのはこれから変わっていくんだろうなと考えている」とメジャーリーグの今後の風潮と戦い方についても考えを述べていた。
 
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部