データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



源田壮亮は侍ジャパンの“切り札”となり得るか。短期決戦に必要な多様性、守備走塁のスペシャリストが放った輝き【日米野球】

「2018日米野球」第2戦は、侍ジャパンがMLBオールスターチームを圧倒して連勝を飾った。前日にサヨナラ弾を放った柳田悠岐外野手が好調をキープし、さらにこの日初スタメンに名を連ねた源田壮亮内野手がチームの勝利にしっかり貢献した。

2018/11/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



スタメンの変更、打線の組み替えが奏功

 電光石火の先制攻撃だった。
 
 1回表、侍ジャパンは一死から2番・源田壮亮が初球の外角のツーシームを左翼線に運ぶ二塁打で出塁すると、2死となってから4番・柳田悠岐が三塁線をやぶる適時打を放って先制点を挙げた。前夜の試合が劇的だったため、初回の1点が侍ジャパンにもたらしたものは小さくなかった。
 
 3回表には、9番・田中和基が四球で出塁した後に盗塁を成功させると、1番・秋山翔吾が右中間を破る適時三塁打を放って1点を追加。源田の一塁適時内野安打でさらに1点。1死後、柳田が2試合連続の2点本塁打を左中間スタンドに打ち込み、この回に4点を挙げて試合の趨勢を決めた。
 
「今日のゲームは序盤で決まってしまった。1、3回までチャンスを作ることができず、こちらは点を失って勢いを失ってしまった」
 
 MLBオールスターチームのドン・マッティングリー監督は白旗をあげるしかなかった。
 
 2戦目となったこの日、侍ジャパンの稲葉篤紀監督は1戦目とラインアップを変えて試合に臨んだ。
 
 前日の1番・山田哲人と3番・秋山翔吾を入れ替え、2番に源田を抜擢。山川穂高と柳田の4番・5番の順序を入れ替え、6番に上林誠知、7番に岡本和真、8番は捕手の曾澤翼、9番に田中和基を入れていた。
 
 前日の打線のつながりを気にしたというより、現時点ではスタメンとベンチという境を作る時期ではないということから、前日とは異なる選手を起用したということだろう。
 
 初スタメンの第1打席で左翼二塁打を放ち、チャンスメークした源田は第2戦のキーマンとなった。5打数3安打3得点の成績は「秋山と柳田をどう繋ぐかを意識していた」という指揮官の期待に応える活躍だったといえる。
 
 「待っていたコースに1球目から来たので、その球をしっかり仕留めることができました」
 
  源田は1打席目をそう振り返った。この日の活躍がもたらしたのは、チームのオプションとしての存在感だ。

1 2 3