データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍ジャパン・高橋礼、試合の流れ引き寄せたサブマリン 稲葉監督も賛辞「堂々と投げていた」

2018/11/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



 「2018日米野球」第1戦は9日、東京ドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」はMLBオールスターチームに7-6でサヨナラ勝利を収めた。今季のルーキーで唯一、代表入りしたサブマリン高橋礼投手は2回無失点の好投で、逆転の流れを引き寄せた。
 
 高橋は2点を追う7回に4番手として登板した。1死一塁からナショナル・リーグ新人王候補のロナルド・アクーニャJr.外野手を直球で空振り三振。2死一、二塁で同じく新人王候補のフアン・ソト外野手を空振り三振に仕留めた。
 
 8回もマウンドに上がった高橋は、先頭を凡打に取ると、1死一塁からこの日3安打と絶好調をアーメッド・ロザリオ内野手もスライダーで空振り三振に斬った。続くウィット・メリフィールド内野手を三ゴロとし、2回1安打無失点で降板した。
 
 シーズン終盤からクライマックスシリーズ、日本シリーズの大舞台で好投を続けたサブマリン。横浜DeNAベイスターズの東克樹投手の辞退により、出場のチャンスをつかんだ高橋は日米野球でも存在感を発揮した。
 
 稲葉篤紀監督は「初めてのジャパンのユニホームを着て登板する。緊張する中で、非常に堂々と投げていた。しっかりバッターのインコースに投げきれて、バッターも苦戦しているように感じた。素晴らしい投球をしてくれた」とたたえた。
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部