データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】MLBオールスター、新人王候補ソトの2ランで勝ち越し 侍ジャパンは好機生かせず

2018/11/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



<2018日米野球・第1戦>
侍ジャパン―MLBオールスターチーム(9日・東京ドーム)
 
 MLBオールスターは4-4の同点で迎えた6回表、ミッチ・ハニガー内野手が3番手・岡田明丈投手から二塁への内野安打で出塁。無死一塁で、新人王候補フアン・ソト外野手が打席に入った。5球目の直球を左翼スタンドへ運ぶ2点本塁打とし、20歳の新星の一振りで勝ち越しに成功した。
 
 その裏、侍ジャパンは田中和基外野手が2番手マット・アンドリース投手から中前への安打を放った。中堅の後逸の間に快足を飛ばし、一気に三塁に到達した。2死三塁から1番・山田哲人内野手が四球を選び、さらに“最強”ヤディアー・モリーナ捕手から二盗に成功。しかし、菊池涼介内野手が空振り三振に倒れ、得点にはつながらなかった。
 
 3回に1点、5回に3点と、取られては取っての展開が続いてきたこの試合。6回を終え、MLBオールスターが6-4とついにリードした。